抜群のボール奪取力を誇るレオ・シルバ。今季からは鹿島でプレーしている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

Jリーグ通算100ゴール以上を記録したストライカー

 これまで数多くの優秀なブラジル人選手がプレーしてきたアルビレックス新潟。このチームでプレーした後に、他のJクラブで飛躍を遂げている選手も少なくない。今回は、新潟でプレー後、別のJクラブでも活躍している5人のブラジル人選手をピックアップした。

----------

エジミウソン

【新潟在籍期間】
2004年〜2007年

 1982年9月15日生まれ。ブラジルの名門・パルメイラスから期限付き移籍で新潟に加入すると、爆発的な加速力を活かしてスペースを突き、ゴールを量産。新潟には4シーズン在籍したが、全ての年でリーグ戦二桁ゴールを叩き出している。

 中でも19得点を挙げた2007年、新潟はクラブ史上最高位の6位でフィニッシュすることになったが、このストライカーの爆発なくしてこの成績は残せなかった。『新潟のブラジル人選手にハズレなし』の印象を最初に植えつけたのは、間違いなくエジミウソンだった。

PK、FK、CKでハットトリックの偉業。抜群のキック精度誇るMF

マルシオ・リシャルデス

【新潟在籍期間】
2007年〜2010年

 1981年11月30日生まれ。類い稀なキック精度を持ち、特に彼の右足から放たれるセットプレーは大きな得点源となった。 2010年のベガルタ仙台戦ではPK、FK、CKでゴールを奪い、ハットトリックを達成するという偉業を成し遂げている。

 さらに流れの中からも得点を奪える能力も持ち、このシーズンは結局16点を挙げる大活躍を披露。クラブ史上初となるJリーグベストイレブンに選出された。ボランチ、サイドハーフ、そしてより高い位置で特別な力を発揮するマルシオ・リシャルデスは、新潟サポーターの心を鷲掴みにした。

複数のJクラブで大活躍。突破力が持ち味のFW

ペドロ・ジュニオール

【新潟在籍期間】
2009年

 1987年1月29日生まれ。ドリブルが最大の持ち味で、一度気持ちが乗ると手がつけられないストライカー。新潟には期限付き移籍の2009年のみの在籍だったが、マルシオ・リシャルデスらと共にチームの攻撃を牽引した。21試合10得点とハイペースでゴールを積み上げ、彼の突破から多くのチャンスを作り出した。

 Jリーグとの縁は深く、新潟の前は大宮でのプレー経験もある。現在までガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸に在籍し、今シーズンから王者・鹿島アントラーズの一員として活躍している。

J史上屈指のボールハンター。今季から鹿島でプレー

レオ・シルバ

【新潟在籍期間】
2013年〜2016年

 1985年12月24日生まれ。新潟のみならず、Jリーグ史上でも屈指のスーパーボランチ。相手のカウンターを受けた時も落ち着き払って対応する。1対3の状況を作られても、間合いを取り、パスコースを限定し優位な状況に持ち込む。そして、相手の選択を読みきって華麗にボールをカット。その守備能力はもはや芸術と言える。

 また、攻撃の組み立てや相手ゴール前への顔出しも上手い。亀田製菓のハッピーターンが大好きだというのは有名な話だ。

 今シーズンから鹿島アントラーズに加入し、ボランチの層を分厚くしている。しかし、明治安田生命J1リーグ第11節・神戸戦で左ひざを負傷してしまい、手術することになった。リーグ連覇には彼の力が不可欠。一刻も早い復帰が待たれる。

今季からは浦和でプレー。すでに攻撃の核となっているアタッカー

ラファエル・シルバ

【新潟在籍期間】
2014年〜2016年

 1992年4月4日生まれ。新潟加入初年度は7試合1得点と不完全燃焼に終わったが、翌年は17試合7得点、昨シーズンは23試合11得点、数字を毎年更新していった。守備陣を一瞬にして置き去りにするスピードが魅力で、技術も併せ持っているため相手にとっては厄介な存在だった。

 新潟での活躍を経て浦和レッズに移籍するという、エジミウソン、マルシオ・リシャルデスと同じ系譜を辿っている。その浦和でもすでに存在感を発揮し、強豪の攻撃力をさらに上のステージへと押し上げた。

text by 編集部