AIで世界を認識する新技術Google Lens発表。被写体の情報をその場で調べ、AR表示やアクションを実行
 
Googleの開発者イベントGoogle I/O 2017より。GoogleがAIを活用したビジュアル検索機能Google Lensを発表しました。その機能はカメラで映し出した映像のなかにある物体を認識し、それが何か、またはそれに関する情報を検索してAR表示などで教えてくれるというもの。

たとえば路傍に咲く花をカメラで映せば、その映像をリアルタイムにAIが認識し、何という名の花か説明をしてくれます。レストランの看板を映せば、その店の人気などの情報を知ることもできます。またWiFi設定が書かれたカードを読み取れば、その情報を解釈して自動的にスマートフォンをWiFi接続できます。

さらにはコンサートの告知ポスターなどを移すことでカレンダーにその日程を書き込み、チケットの購入手配をするといった使い方までできるとのこと。



発表の壇上では、たこ焼きと書かれた立て看板を撮影して4その文字情報を英語翻訳したり、そこからたこ焼きそのものサンプル画像を呼び出す様子を紹介していました。
 
 

 
ただ、たこ焼きを英語に翻訳と言いつつ提示したのが「"Takoyaki"かい」とか、「6個130円て、それタコ入っとんか?!」と思った人ももしかするといたかもしれません。

Google LensはGoogleフォトで培ったAIによる画像認識の強化と、Googleアシスタントの音声認識AIを活用します。Googleのサンダー・ピチャイCEOは「機械学習とAIの世界を進化させるためにデータセンターをイチから再設計した」と語っています。

Google I/O 2017関連記事一覧:

速報:HTCとレノボから単体Daydream VRヘッドセット発売。インサイドアウト式トラッキング WorldSense採用速報:Galaxy S8 が Daydream VRに対応。この夏のアップデートで提供へiPhone版Googleアシスタント発表、米国では即日使用可能に。iOSでの「OK Google」がより使いやすくGmailアプリにAIが返信文を提案するスマートリプライ機能。iOS版にも搭載、まず英語・スペイン語からサポート対話型音声入力Googleアシスタントが日本語対応へ。スマートスピーカーGoogle Homeも今夏国内発売AIで世界を認識する新技術Google Lens発表。被写体の情報をその場で調べ、AR表示やアクションを実行Android Oの新機能が公開。動画ウィンドウやアプリアイコンからの通知確認、Chrorme以外での自動入力など