必要なのは、“頑張らない時間”。


 嫁さんは子どもへの接し方が非常にうまいのだが、2人目が生まれた頃、もう少しこうした方が・・・と思った時期があった。そこで「こう接したほうがいいと思うよ」とアドバイスすると、「分かってる。でもうまくいかないの」とションボリしていた。

 伝え方が悪かったと思って、しばらくたってから別の形でアドバイスした。すると今度は「分かってるの。でもどうしてもうまくやれないの。どうしたらいいの?」と泣き出してしまった。

 一晩考え込んで、翌日、私は次のように嫁さんに伝えた。「君は本当によく頑張ってる。これ以上はないほどに。すごいよ。僕だったらとても無理だ。本当にありがとう」。すると翌日から、嫁さんの子どもへの接し方が元に戻り、とても上手になっていた。

 後で嫁さんから教えてもらった。「頑張ってる、って言ってくれたでしょ。そのおかげで、そうか、私頑張ってるよね、これ以上頑張れないほど頑張ってるんだよね、と思えるようになった。それまで私は、なんでもっと頑張れないの、と自分を責めてた」。

 泣いてわめいて、決して大人のペースで動いてくれない頑是(がんぜ)ない子どもを相手にするには、心にゆとりが必要だ。嫁さんはそのことに気が付き、「目いっぱい頑張ってしまうと、子どもを笑って受けとめる余裕を失ってしまう。申し訳ないけど、家事の手を抜かせて。育児を優先させて」と私に提案してきた。文句あるはずもなかった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

頑張りを心の底から承認する

 実は、最初の2回のアドバイスでも、「家事はもっと手を抜いたらいい、子どもとの接し方を変えるには余裕を持たなくては」と伝えていた。しかし嫁さんの心に響くどころか、嫁さんには責める言葉にしか聞こえなかった。家事も育児もしっかりこなしたい。しかしそれができない自分にいら立ち、それを指摘した私の言葉は、追い打ちをかけるだけになっていたのだ。

 私は肝心な言葉を伝え損ねていた。「君はもう、これ以上無理というほどに頑張っている」と。この言葉を伝えないままでは「もっと頑張れ、できないのは努力不足か無能だからだ」と、心にこだましている声をもっと強めてしまうだけに終わるのだ。

 頑張りを心の底から承認すると、「そっか、私は限界まで頑張っていたんだ。これ以上頑張っても空回りするだけ。力こぶの入れ所を冷静になって考え直そう。考えるための余裕を取り戻そう」と思えるようになるのだ。

 私はこの一件で、百の方法論よりも、千のアドバイスよりも、たった一言「無理をしないで」といういたわりの言葉の方が、劇的に事態を改善させることがあることを知った。

 こんな打ち明け話をするのには訳がある。これと同じことが、職場でもあるということなのだ。

 すごく頑張っているんだけど、力の入れどころを間違っているんだよなあ、と、脇から見ているとよく分かることがある。そこで「こうした方がいいよ」とアドバイスすると「分かってるんですけど、それができないんだよ!」と食ってかかられることがある。アドバイスしても通じない。

 ところが「あんまり無理をしないで、体を壊さないように」と声をかけただけで、スッと肩の力が抜け、大幅に状態が改善した、という経験が、みなさんにもないだろうか。私はたびたび経験していたのに、いまひとつ意識化できていなかった。嫁さんが言語化を助けてくれたのだ。

バブルの呪縛

 日本はバブル経済以降、働き方が非常にシビアだ。昭和の古き良き時代を描いた「サザエさん」では、マスオさんやノリスケさんが上司から「今日は残業してくれない?」と言われて「えー!」と叫んでるシーンがある。バブル経済以前のサラリーマンは、「気楽な稼業ときたもんだ」という植木等氏の歌がそれなりにあてはまっていたのだ。

 そしてバブル経済で、働けば働くほどぼろ儲けできる時代があった。給料はどんどん上がるし、財テクをすればどんどん資産が膨れるし、「24時間働けますか」のCMソングのように、「どんどん働け、どんどん儲けろ」という空気が社会に横溢していた。

 ところが、バブルが崩壊して以降も働くペースを落とすことができなかった。ちょうどバブルの頃に広まった、コンビニや24時間のスーパーマーケット、ファミレスや牛丼屋など、「眠らない企業」が一般化した。「24時間働きますよ」になってしまったのだ。

 しかもここにきて少子高齢化が深刻になり、とうとう物理的に無理な段階に入ってきた。「働き方改革」は、こうした社会情勢に基づいているのだろう。

 振り返ると、バブル崩壊以後、「失われた20年」と言われるほど、経済が低迷している。ヨーロッパやアメリカは経済成長を続けたのに、日本だけが低迷している。理由はいろいろあるけれども、非常に大きな原因の1つに「これ以上無理というほど頑張っている」というのがあるだろう。

 バブル崩壊以後、どこの企業も長時間残業が当たり前になった。かつて残業が長いサラリーマンと言えば官僚や銀行員が知られていたが、バブル以降は全産業にそれが広がった。みな、余裕を失ってしまった。

 余裕を失うとどうなるか。新しいことを試す余裕、改善する余裕を失ってしまうのだ。どうすべきか分かっていても、それさえ実践できないほど、思考力の低下と行動力の低下が起きてしまう。

いつも満杯の手術室

『いつも「時間がない」あなたに』という本に、面白い事例が紹介されている。

 複数ある手術室はいつも満杯。深夜に及ぶ手術が毎日続き、医者もスタッフも疲れ切っていた。救急患者が来ても手術室がいっぱいですぐに対応できず、手術室の増設が課題になっていた。

 そこで経営コンサルタントが病院の経営を分析した。その結果、非常に意外な改革案を提示した。手術室を必ず1つ、使用しないで空けておけというのだ。現場のスタッフは大反対した。「今でも手術室が足りないのに!」と。

 ところが。手術室を1つ空けるようにすると、夜中の手術がなくなり、無理のない時刻に予定通りに手術を終えるようになった。救急患者は速やかに手術できるようになった。

 なぜか? 手術室を1つ、救急患者専用にしたからだ。

 それまでのやり方では、すべての手術室に手術の予定を入れていた。そのために重態の救急患者が運び込まれると、予定していた手術用の道具まですべて片付け、新たに道具をそろえ直し、キャンセルになった患者の予定の組み直しなど、事務作業も膨大になった。無駄を省こうとして大量の無駄が生まれていたのだ。

 しかし救急用に手術室を空けるようにしたことで、予定された手術は予定通りに、救急患者は空いていた手術室にスムーズに入れた。「いつも1つ空けておく」という一見「無駄」に見えるものを容認することで、意識化できていなかったもっと大変な無駄を省くことに成功したのだ。この病院は、このシンプルな改良をすることで、こなせる手術数が大幅に増えたという。

浮かび上がるために

 バブル以降しか知らない世代は、「余裕を失うギリギリまで働く」という働き方しか知らない。しかし、そんなやり方を続けていたらイノベーションなどできるはずがない。2000年代初めまでは液晶、デジカメ、フラッシュメモリーなど、世界に誇る技術が立て続けに登場したのに、その後停滞が続いたのは、余裕を失っているうちに「貯金」を使い果たしてしまったからではないか、と思える。

 今の日本に必要なのは、これまでの「もっと頑張れ、そうでなければ世界から取り残される」と脅し、尻を叩き、余裕ひとつ残さず無休憩で頑張らせようとすることではなく、「もう十分頑張ってる。むしろ“少し頑張らない”余白を意識的に作り、力こぶの入れ所を考え直そう」と訴えることではないか。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉がある。溺れて慌てて暴れると、余計に溺れる。溺れた時はあえてジタバタせず、覚悟を決めて力を抜くと体が自然に浮かび、そのうち浅瀬に打ち上げられる、という、なかなか味わい深い言葉だ。

 拙著『自分の頭で考えて動く部下の育て方』への批判的な声には、「そんなに手間暇かけて部下を育てていられる恵まれた職場なんて現実にはないよ」というものがある。私もその通りだと思う。だから指示待ち人間が増え、指示を出すのに忙しくて「自分がやった方が早い病」になり、仕事の能率が落ち・・・という悪循環に陥るのだろう。

 思うに、自分の頭で考える部下が育てば、能率は大幅に向上する。それを妨げているのは、目一杯に頑張ってしまうことなのだ。頑張るから能率が下がる悪循環に陥ってしまうのだろう。

「失われた20年」では、皆が溺れて慌ててジタバタしていた。しかし、もはや少子高齢化で大変になることは請け合いなのだ。ならばいっそ脱力してみよう。脱力して生じた余力、余白が、私たちに思考する余裕を与え、力こぶの入れ所を教えてくれるように思う。

筆者:篠原 信