NYのレストランで客を刺殺したアジア人ウェイトレスに懲役刑(出典:http://brooklynreporter.com)

写真拡大

ニューヨーク市にあるレストランで、ウェイトレスが男性客に襲い掛かり、ナイフを男性の心臓に突き刺すという恐ろしい殺人事件が昨年2月に報じられた。男性客が侮辱するような言葉を放ったことにウェイトレスが逆上した末の犯行とみられる。このほどその裁判が結審したことを地元メディアの『brooklynreporter.com』などが伝えている。

ブルックリン区サンセットパークで2016年2月、チャイニーズレストラン「Lucky Zhang’ Family」でウェイトレスが客の胸を一突きするという陰惨な殺人事件が起きていた。犠牲者はJian Yang Zhangさんという当時44歳の男性客で、店主の義理の弟であるためよく店に通っていた。そんな中で2年半前からウェイトレスとして雇われていたLan Shui Yu(37)を「お前も売春しているんだろう」などと罵ったという。

これに逆上したYuはZhangさんを叩きのめすと頭部を激しく殴り、ナイフを手に戻るとその心臓に向けて背中から一突きした。店から逃げ出すも倒れ込んだZhangさんをYu被告はさらに踏みつけ、搬送先の病院でZhangさんは死亡。Yuはその後に友人宅で体を洗い、犯行を告白したという。

第二級殺人の罪に問われていたYu被告の裁判がこのほどブルックリンの州最高裁判所で開かれ、犠牲者であるZhangさんの酒癖が悪く攻撃的な性格も明らかにされた。被告側も涙ながらに殺意を否定したが、ニール・J・判事はYu被告に懲役15年の有罪判決を言い渡した。刑期半ばで中国に強制送還となる可能性が高いことから、Yu被告の弁護にあたったテレスフォロ・デルヴァル氏は「ある家族はZhangさんという父親を殺され、ある家族はYuという母親を失ってしまいました。どんなに望もうとも彼女が娘や息子と一緒に過ごすことはもう叶わない。なんという悲劇でしょう」とメディアの取材に述べている。

出典:http://brooklynreporter.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)