速報:HTCとレノボから単体Daydream VRヘッドセット発売。インサイドアウト式トラッキング WorldSense採用
開発者イベント Google I/O 2017の開幕キーノートより。Google がスタンドアロン型の Daydream VR ヘッドセットを公開しました。

発表されたのはHTC (Vive)と レノボの開発する2機種、発売は年内。

TangoをもとにしたWorldsense 技術により、外部にカメラやセンサーを設置することなく、正確にユーザーの動きを認識・追従するインサイドアウト式 トラッキングに対応します。

Google I/O 2017関連記事一覧:

「次の10億ユーザー」向け軽量版Androidをグーグルが発表、1GB RAMでも快適動作を狙う速報:HTCとレノボから単体Daydream VRヘッドセット発売。インサイドアウト式トラッキング WorldSense採用速報:Galaxy S8 が Daydream VRに対応。この夏のアップデートで提供へiPhone版Googleアシスタント発表、米国では即日使用可能に。iOSでの「OK Google」がより使いやすくGmailアプリにAIが返信文を提案するスマートリプライ機能。iOS版にも搭載、まず英語・スペイン語からサポート対話型音声入力Googleアシスタントが日本語対応へ。スマートスピーカーGoogle Homeも今夏国内発売AIで世界を認識する新技術Google Lens発表。被写体の情報をその場で調べ、AR表示やアクションを実行Android Oの新機能が公開。動画ウィンドウやアプリアイコンからの通知確認、Chrorme以外での自動入力など

Daydream は、昨年の Google I/O 2016 で発表されたGoogleのモバイルVR規格。高性能なセンサやプロセッサ、ディスプレイを必須とし、Android 7以降のVR最適化モードを利用して低遅延で高品質なモバイルVRを実現すること、標準でVRコントローラをサポートすることなどが特徴です。

従来は Google Pixel など一部のハイエンドスマートフォンだけがDaydreamに対応しており、スマホを差し込むタイプのヘッドセット周辺機器 Daydream View と併用する必要がありました。

速報:GoogleのVRヘッドセットDaydream View発表。リモコン付き79ドル、柔らかな布製で各社端末に対応

今回のI/O で Google が新たに発表したのは、スタンドアロン型Daydream ヘッドセットのリファレンスデザインをメーカーに提供すること、HTC およびレノボの2社がスタンドアロン型 Daydream ヘッドセットを販売すること。



スタンドアロン型 Daydream ヘッドセットの特徴は手軽さと高性能。スマホを装着する必要なく、ただ装着するだけの「ワンステップ、2秒」(Google)で高品位なモバイルVRが体験できます。

高性能については、ディスプレイやセンサなどの部品はスマホ用ではなくVR用を前提としたコンフィギュレーションで設計されていることが理由のひとつ。

注目点は、Google の ARプラットフォーム Tango をベースにした技術 Worldsense により、インサイドアウト式のヘッドトラッキングに対応すること。

VRヘッドセットが着用者の位置や動きを取得して仮想空間に対応させるトラッキング方式は現在、カメラやセンサを部屋に設置してヘッドセットの動きを外から見る「アウトサイドイン」式と、ヘッドセット側のカメラやセンサで外界を捉える「インサイドアウト」式に大別されます。

今回公開されたスタンドアロン型 Daydream ヘッドセットではこのインサイドアウト式に対応することで、部屋のどこかにセンサを設置したり、外付けカメラやセンサの範囲に縛られることもありません。ハイエンドPCに較べて表現力がないかわりに、ヒモに縛られないモバイルVRにふさわしい機能です。

この VR とトラッキングをモバイルで処理するプロセッサには、リファレンスでは Qualcommの Snapdragon 835 を採用します。

Qualcomm と Google が公開したリファレンスデザインをもとに、HTC と レノボからスタンドアロン型のDaydream ヘッドセット製品が年内に発売される見込みです。