「TWO PLACES-A LANDSCAPE LINE 2017年中日現代芸術交流展」が6日、広州の53美術館で開幕した。

写真拡大

「TWO PLACES-A LANDSCAPE LINE 2017年中日現代芸術交流展」が6日、広州の53美術館で開幕した。インスタレーションアート、インタラクティブアート、パフォーマンスアートなどのアートが集合し、映像、サウンドアート、ファッション、イーゼルなどの分野をカバーしている。新快報が伝えた。

同交流展では、中国と日本のアーティスト12人が2週間にわたり53美術館でデモンストレーションを行い、それぞれの角度、視点から現代アートに対する独自の理解を表現する。同美術館は2012年から5年連続で、日本で活躍する現代アーティスト計60人以上を招き、デモンストレーションや展示を行い、さまざまな角度から、マルチな表現方法を通して日本の最前線の現代アートを紹介している。(提供/人民網日本語版・編集KN)