画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは17日、SIMロック解除の受付条件を一部変更すると発表した。従来よりも、SIMロック解除までの必要日数が少なくなる。5月24日から実施する。

対象ユーザーは、2015年5月1日以降に発売された機種について、分割払いもしくは一括払いで機種を購入したユーザー。従来、対象端末でSIMロックを解除するには、基本的に「端末購入日から6カ月以上経過」していることが条件だった。

5月24日からは、分割払いの場合は機種購入日から100日が経過した日から、一括払いの場合は即日、SIMロック解除の手続きが可能となる。

なお、端末購入サポートを使って一括払いしたユーザーは、分割払いと同じく、100日間が経過するまでSIMロック解除できないが、端末購入サポート解除料を支払った場合は解除可能となる。

また、対象回線におけるSIMロック解除実績があるユーザーについても、従来は前回のSIMロック解除受付から6カ月経過した後にSIMロック解除が可能だったが、これも5月24日以降は、前回のSIMロック解除受付から100日以上の経過で手続きが可能となる。

今回の変更は、今後対象機種を購入するユーザーだけでなく、すでに購入済みのユーザーにも適用される。