シモビッチが土壇場AT弾! 名古屋が町田を下して4戦ぶり白星《J2》

写真拡大

▽明治安田生命J2リーグ第14節の名古屋グランパスvs町田ゼルビアが17日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。

▽ここまで6勝4分け3敗で6位に位置する名古屋と、4勝5分け4敗で13位の町田が対戦。試合は、名古屋がファーストチャンスをモノにして先制する。10分、左サイドで鋭い縦突破を仕掛けた杉森が、ボックス左に進入して折り返し。これを正面の玉田がダイレクトで合わせてネットを揺らし、名古屋がリードを手にした。

▽先行した名古屋は、28分に追加点の好機を迎える。相手GKのフィードを身体に当ててボールを奪ったシモビッチが、GKと一対一に。そのまま放ったシュートが一度セーブされ、すぐさま再度シュートに持ち込んだが、これもGKの好守に阻まれてゴールとはならない。

▽迎えた後半、町田は52分に同点の絶好機を演出する。ボックス左の中島がヒールパスを正面に入れると、これに合わせた谷澤のシュートがゴール左を捉える。しかし、これは好反応を見せたGK楢崎のセーブに遭い、同点弾とはならない。

▽守護神に助けられた名古屋は55分に反撃。ボックス左でパスを受けた田口が強烈な枠内シュートを放つ。これがGK高原に弾かれると、こぼれ球を今度は田口が叩いたが、ここもGKのセーブに遭い、追加点を奪えない。

▽すると、76分に町田がチャンスを生かす。左サイド深くから戸島が上げたクロスにゴール前の谷澤がボレー。これがゴールを破り、町田が1-1の同点に追いつく。

▽終盤、両者共に追加点を狙う中、ゴールを奪ったのは名古屋だった。アディショナルタイム2分、ボックス左で仕掛けた杉本のクロスに正面で合わせたシモビッチが胸で押し込んでゴール。そのまま逃げ切った名古屋がリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。