連絡が極端に減った、好きと言ってくれなくなったなど、好きじゃなくなったサインって分かりやすいものですよね。しかしなかには分かりやすいものばかりではなく、あなたが気付いていないだけで彼から別れのサインは出ているのかもしれません……!
分かりやすいようで実は気付きにくい、彼の別れのサインとはいったいなんなのでしょうか?

「最近忙しい」と言われ、会う予定を立ててくれない

「次いつあいてる?」ときいても、「仕事が忙しくて」「今週は時間を作れそうにないかな」と、会うことをやんわり断られる場合は彼の気持ちが薄れているサイン! 仕事だったら仕方ないなと思わせる作戦なのかもしれません。

笑顔が減った

前は一緒にいたらそれだけで楽しくてずっと笑顔だったのに、笑ってくれる回数が少しずつ減っていったと感じていませんか? 一緒にいても楽しめなくなってしまい、それが顔に表れているんですね。

会話が続かなくなった

会う回数がそんなに多いわけじゃないのに会話が続かないカップルは、だんだん相手に興味がなくなってきているので、会話する内容が浮かばないのかも? 向こうから話題を切り出してくれなくなったときは、別れのサインを疑ってもいいかもしれません。

会う時の格好が適当

デートのときはファッションに気をつかいますよね。男性も、かっこよく見られたい気持ちから気合いを入れる方は多いはず! しかし男性がオシャレをしなくなった場合は、彼女にどんなふうに思われてもいい、どうでもいいと思っているからなんです……。こんなふうに思われていると考えるだけでちょっと怖いですね……。

一緒にいるときにスマホを見る回数が増えた

これは、あなたとの時間が退屈ですというサインです。時間を確認しているのかもしれませんし、スマホを触っている時間のほうが有意義だと感じている可能性も。

「なんでもいいよ」と言われてしまう

前は積極的に意見してくれていたのに、「なに食べたい? どこ行きたい?」と意見を求めても「なんでもいいよ」と言ってくるようになった場合は、考えるのが面倒、悪い意味でどこでもいいと思ってるのかもしれません。こうなってしまっては、デートの時間がただただむなしいですね。

別の人との予定を優先する

デートの約束を先にしていたのに、ごめん◯◯に呼び出されちゃって……。と友だちのところへ行くようになったら、それはあなたの優先度が低くなったからだと思いましょう。そうなると本当に暇なときしか会ってくれなくなるかも。ドタキャンも増えていくので注意が必要です。

まとめ

彼からの別れのサインに気付いたら、彼の考えや思いをきいて、その答えによってはダラダラと付き合わずすっぱり別れたほうがお互いのためになるかもしれません。大切なのは、そのままにせずちゃんと話し合いをすること! 彼から別れるという言葉をきくのはつらいかもしれませんが、前へ進むためにもちゃんと彼と向き合ってみてくださいね。