画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ホームボタンが担っている役割とユーザー体験の変化

2017年に登場するであろう新しいiPhoneでは、デバイスの表面全てがディスプレイになるような予測が大勢を占める。その通りになれば、ホームボタンを配置する場所はなくなり、「ホームボタンがなくなるのではないか」という話が現実のものとなる。

2016年8月に、本連載の中で、「iPhoneのホームボタンがなくなる未来も」という話題に触れた。ちょうどホームボタンが感圧式に変わったiPhone 7登場直前に、「感触」にフォーカスした機能を多く取り入れたAppleの新しい体験について考えた原稿だった。

iPhone 7ではデバイスの上で、これまでと同じ位置に、物理的な「ホームボタン」として残された。しかしその操作感は、今までのボタンとして押し込めるものではなく、圧力を検知するプレートに変更され、感触のフィードバックがあるディスプレイと同様のものだった。電源が入っていないiPhone 7のホームボタンを触って初めて、本当に押し込めないボタンなのだと認識できる。それだけ、TapTic Engineによる押し込んだ差異のフィードバックに、我々がだまされて、ボタンを押しているように感じているのだ。そうした、今までの押し下げられるホームボタンではなくなったiPhone 7と、既に搭載されていた3D Touchをサポートするディスプレイを使っていると、ホームボタンがなくても大丈夫な環境が着々と整えられていたことに気づく。

iPhoneの操作のためのインターフェイスは、登場以来、ホームボタンと画面のタッチ、側面にある電源とボリュームボタン、ミュートスイッチが全てだ。加えて、デバイスに内蔵されている照度センサーや加速度センサー、マイクも、より直感的な操作環境を提供してくれる。

ホームボタンは、iPhoneを使う上で、最も分かりやすい機構であり、操作する上での「安心材料」と言えるかもしれない。画面が消えているときに押せば、画面が点灯する。もし指紋登録済みの指で押せば、Touch IDで認証され、ロック解除される。アプリを使っている時、ホーム画面に戻ったり、他のアプリに切り替えたい場合は、ホームボタンを押せば良い。とにかくホームボタンから何かを始めれば解決する、そんなボタンだった。

しかし、その役割は、だんだん分散されつつある。

例えば、iPhoneが机に置いてあるとき、あるいはポケットから取り出したとき、iPhoneを自分の方に傾ければ、画面が点灯する。電源ボタンやホームボタンを押さなくても、端末を使おうとすれば、画面が点灯するのだ。またアプリ切り替えについても、新たな方法が提供されている。アプリを切り替える際にホームボタンを2度押ししていたが、3D Touch対応のiPhoneであれば、画面の左端をぐっと押し込むことで、タスク切り替えが行えるようになった。加えて、何かのアプリを使っている時に、メッセージアプリの通知をタップしてアプリを切り替えたとき、画面最上部の右端には、今まで使っていたアプリ名と矢印が表示され、タップすれば前のアプリに戻ることができるようになった。ついつい今までの癖で、ホームボタンをダブルクリックしてタスク切り替え画面を表示させてしまうのだが。

さらに、Siriの起動方法もホームボタンを頼らない方法が追加されている。Siriは登場以来、ホームボタンを長押しすることで、どんな場面でも音声を聞き取る状態に入ってくれていた。しかし同時に、声で「Hey Siri, ○」と話しかければ、聞き取り状態に入るのを待たずに、指示を出すことができる。

このように振り返ってみると、iPhoneのホームボタンが担っていた役割は、だんだん他の方法が追加されていき、その負担が軽減されていることが分かる。

●Touch IDをどこにするか、という問題

Samsung GALAXY S8は、有機ELディスプレイを備え、前面のほとんどがディスプレイとなっている、洗練されたデザインを実現した。次のiPhoneでも、ディスプレイのフチが非常に小さいデバイスが予測されており、GALAXY S8がそのトレンドを先取りして実現した、と指摘できる。

Appleは、Samsungに有機ELパネルを発注しているといわれている。Samsung以外にiPhone需要に耐えるパネルを生産できる企業は見つからない。製品のライバルであるSamsungをサプライヤーにすることへのリスクはもちろん考えられるが、それでも、AppleとSamsungの微妙な関係は、今後も続くことになるだろう。

Samsungもこれまで、ディスプレイの下にホームボタンを配置したスマートフォンを製造してきた。しかしGALAXY S8はホームボタンを排除した。そのことで問題となったのが指紋センサーの配置だった。Samsungの解決策は、指紋センサーを背面に移動することだった。ちなみにGoogleのスマートフォン「Pixel」や、それ以前の「Nexus」シリーズなどでも背面に指紋センサーを配置するデザインが用いられており、背面指紋センサーはAndroidデバイスではさほど珍しいものではない。

Appleがホームボタンを廃止する場合も、同様なの問題が発生すると思われる。

いままでTouch IDは、サファイヤガラスでカバーされたホームボタンに埋め込んで指紋センサーを実現してきた。もともとホームボタンは指で押し込んで操作するものなので、指紋センサーを埋め込むには絶好の場所だったと言える。そのホームボタンがなくなるのであれば、指紋センサーは、別の場所へ移さなければならないことを意味する。解決方法として、Samsungのように、指紋センサーを背面に移すことが考えられるが、Appleはどうするだろう。これまで、背面にはカメラとフラッシュ、マイク以外の要素を配置してこなかったことを考えると、背面に安易に新しい機能を追加するかは大いに疑問だ。多くの人々がカバーを装着してiPhoneを使用しているが、Appleが、こだわりのレザーケースに丸い穴を開けたいと思うだろうか。

新しいiPhoneについては、背面に指紋センサーがある設計図、ない設計図の両方が流出してきたが、まだ最終的にどちらになるかを推測しにくい状態だ。

●バーチャルなホームボタンを実現できるか

Appleの特許出願や取得を伝えるPatently Appleによると、Appleは2016年10月に、ディスプレイの下に指紋センサーを配置する特許を取得している。

この特許文書によると、画面のどこでも指紋を読み取ることができる仕組みが記されており、ホームボタンがなくなったiPhoneに採用されれば、3D Touchディスプレイとディスプレイ内指紋センサーによって、ホームボタンをスクリーンに描画して、今までと同じ体験を実現できる可能性が生まれてくる。しかしこの指紋センサーの製造上の難しさも指摘されており、カメラに内蔵する3Dセンサーによる顔面認証に一本化すること、前述のように背面にセンサーを配置する方法なども予想されている。

iPhoneのホームボタンがなくなる、そんな準備が着々と現在のiOSで進んできた例をいくつか示した。しかしいざ、本当に廃止すると、さらに多くのソフトウェア的な改善を施さなければならなくなるだろう。例えば、画面いっぱいでアプリを使用している際に、ホームボタンをどうするのか。あるいは、画面が消灯しているときの操作をどうするのか。解決すべき問題がいくつかあるのだ。

現在のiOSにも、画面の中にバーチャルなホームボタンを登場させられるAssistive Touchという機能を用いることができる。ホームボタンを画面の使いやすい場所に配置できるため、例えばiPhoneを右手で握ったときに親指がより届きやすい画面の右端に配置するなど、利便性のためにAssistive Touch機能を使っている人もよく見かける。こうした使い勝手が既に存在していることを見据えつつ、Appleがどんなユーザー体験上の解決を施していくのか、注目している。

個人的には、画面の中でのTouch ID認証をぜひ実現して欲しいと思う。これは別に画面全体で使えなくても良いので。

例えばApple Pay決済時にTouch IDでの指紋認証を促す画面表示を見てみると、その思いが強くなる。iPhoneをリーダーにかざすと、画面内の円の中に指紋が描かれる。しかし操作するのはホームボタンでなければならない点がもどかしいのだ。

松村太郎(まつむらたろう)1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「LinkedInスタートブック」(日経BP刊)、「スマートフォン新時代」(NTT出版刊)、「ソーシャルラーニング入門」(日経BP刊)など。ウェブサイトはこちら / Twitter @taromatsumura