和とラップの融合。

発売からおよそ21年が経つリズムゲームの開祖『パラッパラッパー』と、高い難易度とイラストレーター326さんのキャラデザで知られるリズムゲーム『ギタルマン』。この音ゲー史の名作たる両チームによる合同プロジェクト『Project Rap Rabbit』が、Kickstarterにてローンチしました。



こちらはPlayStation EUにアップされた映像。

今作は『パラッパラッパー』の生みの親である七音社の松浦雅也さんと、『ギタルマン』や『押忍! 闘え! 応援団』など多くのリズムゲームを手がけてきた株式会社イニスの矢野慶一さんらによる合同プロジェクトという位置付けです。

ジャンルとしてはストーリーベースの音楽ゲーム。映像内で「リリックや言葉をリアルタイムに近い形でコントロールしていくゲームというのは、今までになかった」と松浦さんは述べており、従来的なリズムアクションを踏襲しつつ、エモーショナルなラップバトルを表現しているとのこと。

しかし、なによりも印象的なのが和を全面に押したグラフィック。キャラクターはパラッパ風の動物モチーフですが、和風世界観で動物キャラが英語のラップバトルをするという、なんかもうそれだけでヤバそうです。スタイリッシュ極まりまくりです。

『Project Rap Rabbit』は30ユーロからの投資でデジタル版をゲット可能。35ユーロ以上だとパッケージ版やブックレットなどの特典が追加されていきます。ゲームシステムや多数のビジュアルが公開されているキャンペーンページを、今すぐチェキラ!
もっと読む
・これはアートへの没入と突入。リズム・バイオレンスな「THUMPER」はモテゲーでもあった


image: KICKSTARTER © 2017 via Kickstarter
source: Kickstarter, YouTube

(ヤマダユウス型)