<関西オープン 事前情報◇17日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>
片山晋呉以来となる、3戦連続優勝へ。国内男子ツアー「関西オープン」でひと際注目を集める宮里優作は、本日17日(水)にコース入り。地元・沖縄県での「日本ゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」での2戦連続優勝には号外が出たほどの盛り上がりを見せたが、本人は月・火と2日間で完全リフレッシュ。疲れを見せずに18ホールの練習ラウンドをこなした。
宮里一家大集合!笑顔の2戦連続V
舞台となる京都府の城陽カントリー倶楽部では2009年に「アジアパシフィック パナソニックオープン」が開催されており、同大会で宮里は9位タイフィニッシュ。3日目には“64”をマークしているが、
「うーん、確かにイメージは悪くないコースです。右ドッグレッグホールが多くて、ボクみたいにフェードボールを持ち球をしている者には有利。でも、グリーンがカチカチに硬くて難しい。優勝は4日間でトータル10アンダーいかないんじゃないですかねぇ。毎日1アンダーで回れれば、そこそこ上位にいけると思いますよ。何にしても明日プレーしてみないことには、どうなるか分かりません」
と警戒心を強める。
 
3大会連続優勝への意気込みを聞かれると、
「嫌でも注目を集めるでしょうけど、自分としてはあまりピンときていません。4日間プレーすることが大事」
と自らにプレッシャーをかけることなく、目の前の一打に集中することを強調していた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「勝てる時に勝っておけ」連勝の宮里優作に谷口徹がかけた言葉
“上手さ”だけじゃない、宮里優作の見せた“強さ”【ツアーの深層】
「大人になった(笑)」宮里優作が故郷に錦!家族全員で見守った地元メジャーV
【WITB】宮里優作セットでアマが真似して良い点、悪い点 
プロも認める「美しい弾道」を生み出す、宮里優作の最新セッティングに注目