長瀬智也さん(TOKIO)が主演を務める映画『空飛ぶタイヤ』に、ディーン・フジオカさんの出演が決定しました。


出典:(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

『空飛ぶタイヤ』は、『半沢直樹』や『下町ロケット』の原作で大ヒットを飛ばした、池井戸潤さんによる累計120万部突破したベストセラー小説の映画化。

ある日、突然起きたトラックの脱輪事故で、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬さん)は、トラックの欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車に再調査を要求します。

ですが、そこには大企業がひた隠しにするリコール隠しがあったのです……。

ディーンさんが演じるのは、ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太。

赤松からの再三の再調査要求を疎ましく思いながらも、自らも調査内容を疑問に思い調べていくうちに「リコール隠し」に気づき、心の内の正義と、大企業のサラリーマンとしての自分の立場に揺れる難しい役どころ。

映画オリジナルとなる赤松と沢田が直接対峙するシーンは見ごたえのある場面に仕上がっているようで、本当に楽しみですね!

 

■長瀬さんのコメント

「ディーンさんは、以前に音楽番組でギターを弾いている映像を観て、音楽好きなんだという印象があったので、クランクインした日からずっと音楽の話をして盛り上がっています。

全然気取らないし、お芝居に集中するときはしっかり集中するし、とても楽しい人で、感覚的に自分に近いものを感じています!

赤松運送やホープ自動車を通じて、今の社会を描いている作品です。

社会人として、という前にひとりの人間として、とても考えさせられる内容になっていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います」

 

■ディーンさんのコメント

「長瀬さんとは現場でずっとお話させていただいていますが、本当に気持ちがよくて楽しい方です。

スカッと晴れた日のカリフォルニアみたいなイメージ。

たまたま昨日の現場の仕度場所がカラオケボックスで、待ち時間に皆でカラオケをしたんです(笑)。

僕も歌いましたが、この作品の某プロデューサーがジャケットを脱いでノリノリで歌っていました」

 

このカラオケに長瀬さんは残念ながら不在だったそうなのですが「次回はぜひ参加したいです。楽屋をカラオケボックスにしてください(笑)!」と熱いコメントを寄せていました♡

『空飛ぶタイヤ』は2018年全国公開。

【関連記事】

※ 瑛太主演ドラマに蒼井優&リリー・フランキーの出演が決定!

※ 葉加瀬マイ、ウエスト-6.6cmに!

※ 土屋太鳳、艶やか着物姿で「一番大事なのは愛情」と力説

※ 土屋太鳳、美しすぎる着物姿を披露!

※ 綾野剛&村上虹郎が明かす「ライバル」とは