「本当にムカつく」SUPER JUNIOR ヒチョルが“橋渡し”報道に怒り

写真拡大

SUPER JUNIORのヒチョルが、熱愛説が浮上したAOA チョアとナジン産業のイ・ソクジン代表を引き合わせたという報道に「むかつきますね」と激怒し「イ・ソクジンくんととても親しい関係であるのは事実だ。しかしチョアさんとは親交がない」と反発した。

ヒチョルは本日(17日)、Instagramに長文のコメントを掲載し「今日の午後、話題になったヒチョルだ。とてもムカつく話だ」と不快感を示した。

彼は「芸能人たちの熱愛説が報じられると、あいにく男性や女性の方が僕と親しい人だったし、僕が橋渡しになっていたようだ。はっきり言うが、皆様が知っている今までの熱愛説に僕は関与していない」と釈明した。

これに先立ってこの日午前、チョアとイ・ソクジン代表の熱愛説が報じられた中、チョア側が「ただの知り合いだ。交際しているというニュースは事実ではない」と否定した。

AOA チョア、会社代表との熱愛説が浮上…SUPER JUNIOR ヒチョルが橋渡し?事務所が否定

【SNSのコメント全文】

今日の午後、話題になった橋渡しのヒチョルです。

とても…気持ち悪い話ですね。

以前から僕には「芸能界の人脈王」「人脈金持ち」という修飾語がつけられていました。悪くはなかったんです。性格がいいという意味でもあるから。

しかし親しい年下の女性たちが多いというのを知っている知人たちが「Aさんと食事したいという兄がいるが、大丈夫かな?」と連絡が来ると「クズ野郎だな。僕が橋渡しなのか?」と言い、連絡先を削除しました。

今も「ヒチョル、Bさんの契約が満了を控えているみたいだが、紹介してくれない?」「Cさんと一緒に会いたいんだけど」などと連絡が来ているが、僕はいつも断ってきました。

しかし人々の熱愛説が報じられると、あいにく男性や女性の方が僕と親しい人だったし、僕は“橋渡し”になっていました。

ここ数年間、僕とは関係ない熱愛説で、僕の名前があげられるたびに「反発の記事を出そう。なぜ関係もない君が被害を被るの」という事務所の話にも笑いながら「まぁ、いいです。僕は関係ないという記事によって熱愛説の当事者たちがまた被害を被るかもしれないし、熱愛説の主人公たちのファンにも怒る相手が必要だから、見逃してあげましょう」と、とてもクールに話してきたが、これが数年間続くと本当にむかつきますね。

前書きがとても長くなりましたが、はっきり言って、皆様が知っている今までの熱愛説と、僕は全く関係ないです。

たとえ僕がテレビ局、会食などで偶然一緒にいて絡んだとしても「君たち、明日から付き合ってね。付き合わないと殺すぞ。絶対に交際してね」と脅迫して2人が付き合ったという話は、あまりにも不合理な発想です。

今回の熱愛説も、僕がイ・ソクジンくんととても親しい関係であるのは事実です。しかし反対に、チョアさんとは親交がないのです。ただテレビ局で会うと挨拶するだけの関係です。これが事実です。

最後に、最も悲しいのは「なぜ毎回、僕の熱愛説でもない、他人の熱愛説に言及されるのだろう」。僕の熱愛説なら「皆様、僕たちの愛を祝ってください…」または「事前に話すべきだったが、申し訳なくて…」と話したはずなのに。

「知ってるお兄さん」で使えるネタができていいねと、前向きに考えてみます。