インド・ニューデリーで、胎児の人形を手にして妊娠中絶に抗議する活動家(2014年11月26日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドの警察当局は17日、義父から性的虐待を受けて妊娠した女児(10)が、中絶手術を認められることになったと明かした。同国の法律では妊娠20週まで中絶手術が認められているが、この女児はすでにその期間を過ぎていた。

 この事件は先週発覚し、その時点で法律で中絶手術が認められている妊娠20週を過ぎていた。20週を過ぎた場合、母体に命の危険がある時にのみ中絶が認められている。

 女児に繰り返し性的虐待を加えていた義父は、既に逮捕されている。

 この事件を担当している捜査官はAFPに対して、裁判所が医療機関の理事会に指示を与え、医師らは中絶手術を進めることに決めたと述べている。手術がいつ行われるかについては明らかになっていないが、近いうちに行われるという。
【翻訳編集】AFPBB News