ケイティ・ペリー、新生『アメリカン・アイドル』の審査員に決定

写真拡大

 米ABCで復活するオーディション番組『アメリカン・アイドル』の最初の審査員にケイティ・ペリーが正式に決定した。

 2017年5月16日(現地時間)にニューヨークのリンカーン・センターで行われた番組の制作発表会の舞台でアナウンスされたもので、かつての国民的人気番組の復活を担うABCにとって、番組の方向性や、今後のスポンサー探しを大きく左右する重要な要素が一つようやく片付いた形だ。

 FOXで放映されていた頃、最終的に番組が財政的に立ち行かなくなったのは、審査員に大物アーティストを揃えることを最優先したからだが、ABCは以前よりリブート番組が成功するにはトップ・スターのブッキングが不可欠だと明言してきた。リアリティ番組のチーフ、ロバート・ミルズはハリウッド・リポーターに、「“安物の”アメリカン・アイドルとして復活するわけにはいかない。タレントが相応しいか精査し、より大規模で良い番組を作るために必要なことをするつもりだ」とコメントしていた。

 Twitterのフォロワー数が約1億人のケイティと同レベルの有名人を残りの審査員として揃えるのは難しいかもしれないが、差し迫った課題として次に注目が集まっているのは、ABCがライアン・シークレストを再び司会者として抑えることができるのかということだ。多忙なシークレストは最近アメリカの人気司会者ケリー・リパと朝のレギュラー・トーク番組の共同司会者を務めることも発表されたばかりだが、『アメリカン・アイドル』への復帰も前向きに検討中だという。