AOA ソリョン、映画「安市城」への出演オファーを受け“検討中”

写真拡大

AOAのソリョンが、超大型時代劇映画「安市城(アンシソン)」(監督:キム・グァンシク、配給:NEW) への出演を検討中だ。

ソリョンの所属事務所FNCエンターテインメントの関係者は本日(17日) 午後、マイデイリーとの電話インタビューで「ソリョンが『安市城』への出演オファーを受けたのは正しい」として、「現在検討中である作品だ。まだ確定した事はない」と明らかにした。

映画「安市城」は、安市城を陥落させようとする唐の50万大軍の侵略に対抗して戦った城主ヤン・マンチュン(楊万春) と高句麗(コグリョ) 軍の88日間にわたる激しい戦闘を描く超大型時代劇プロジェクトだ。

これに先立ってチョ・インソンが出演を決定した「安市城」は、STUDIO&NEWが初めて制作する映画で、純制作費だけでなんと約150億ウォン(約14億9000万円) が投入される、2018年の超大型プロジェクトであり、最高の期待作だ。「私のチンピラのような恋人」「 ゴシップサイト 危険な噂」を手掛けたキム・グァンシク監督がメガホンを取った。映画「安市城」はキャスティングを進めた後、今年の夏8月のクランクインを目標にしており、2018年の韓国での公開を予定している。