画像提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾MSIは5月17日、NVIDIA GeForce GT 1030を搭載したグラフィックスカード「GeForce GT 1030 AERO ITX 2G OC」と「GeForce GT 1030 2G LP OC」発売した。店頭予想価格は「GeForce GT 1030 AERO ITX 2G OC」が税別9,780円、「GeForce GT 1030 2G LP OC」が税別9,280円。

NVIDIA GeForce GT 1030は、Pascal世代のエントリーGPU。GP108-300コアをベースとし、384基のCUDAを備える。消費電力は30Wで、内蔵グラフィックスを利用しているシステムのアップグレードに好適という。

「GeForce GT 1030 AERO ITX 2G OC」は、ケースの前方から一定の風圧を与えることで、GPUの熱をブラケットから排気する、セミ外排気構造を採用した独自クーラーを搭載する。一方の「GeForce GT 1030 2G LP OC」は、シングルスロットサイズのロープロファイル対応カードとなる。

ベースクロックが1,265MHz、ブーストクロックが1,518MHz、メモリが64bit接続のGDDR5 2GB、メモリクロックが6,008MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express x4(形状はx16)。消費電力が30W、補助電源がなし。

出力インタフェースは「GeForce GT 1030 AERO ITX 2G OC」がHDMI 2.0×1とDVI-D、「GeForce GT 1030 2G LP OC」HDMI 2.0×1とDisplayPort 1.4×1。