シメオネ、PSVのグアルダードに注目か

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、PSVのメキシコ代表MFホセ・アンドレス・グアルダード(30)の獲得を望んでいるという。スペイン『ドン・バロン』が伝えている。

▽中盤のラインを強化したいと考えているシメオネ監督は、以前バレンシアやデポルティボでプレーしていたグアルダードに白羽の矢を立てたようだ。スペインでのプレー経験を持っていることと、ボランチを本職としながらも、センターハーフの位置でのプレーもできる同選手をシメオネ監督は高く評価しているようだ。加えて、PSVとの現行契約が2018年となっていることから、手頃な移籍金で獲得できるというメリットもある。

▽2015年にバレンシアからPSVに加入したグアルダードは、移籍初年度から主力として活躍。3位で終えた今シーズンは、リーグ戦27試合に出場し2ゴール9アシストを記録している。