【詳細】他の写真はこちら

日光を遮るだけじゃ、もったいない!

季節は間もなく夏になり、ますます強くなる日差し。そんな太陽からの日差しを有効活用すべく、太陽光を電力に変えるソーラーパネルを搭載したブラインド『SolarGaps』のキャンペーンがクラウドファンディングサイトのKickstarterで始まっています。

これからのソーラー発電は屋根じゃなくて窓!





最近では屋根にソーラーパネルを設置するご家庭も増えてきていますが、自宅の窓に設置できる本製品なら、より手軽に太陽光発電を導入できるというわけ。これなら自分で取り付けられますし、家屋を傷つけないため賃貸物件でも利用可能です。

小さくても立派な発電能力





気になる発電能力は、約0.9平方メートルあたり100Wから150W。これにより自宅やアパート、オフィスの電気料金を最大70%にまで減らせるんだとか。さらに発電した電力をバッテリーに充電したり、地域の電力会社が対応していれば売電も可能でしょう。

またブラインド本来の機能として日光を遮るため、エアコンの利用コストも減少させるとのこと。発電しながら節電できるとなれば、まさに一石二鳥です。

多様なサイズの窓に設置可能





『SolarGaps』は5万ドルの資金募集を目指しており、記事執筆時点(5月17日)では約3万4000ドルの投資が集まっています。サイズ展開は390ドル(約4万4000円)のXSサイズ(81cm〜91cm☓91cm)から、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズ、XXLサイズが用意され、それ以外のサイズも対応するとのこと。製品の出荷時期は2017年9月。日本へも発送してくれるようです。

文/塚本直樹

関連サイト



『SolarGaps』プロジェクトページ

関連記事



ソーラー発電システム装備のゴツイ改造キャンピングカー『XV-LTS』。フォードのピックアップがベース

小粒でも頼もしい。ソーラー発電モバイルバッテリーを内蔵した腕時計

ソーラー充電、スピーカー…デジタル世代向け「全部入り」バックパック!?