DaizyStripper・風弥(Dr・Pf)

写真拡大

現在10thアニバーサリーイヤーを掲げて活動中のDaizyStripper。6月5日に東京・TDCホールでのグランドファイナル公演を控えている中、風弥(Dr・Pf)さんにバンドへの想いを伺ってきました。

【V系】10年前ってこんなに違ったの!? 「ゼロ年代バンギャル座談会」で当時のシーンを振り返る

ーー現在、DaizyStripperは昨年に続き2度目の47都道府県ツアー(10th Anniversary 47都道府県TOUR 2017「僕らの帰る場所」)の佳境に入ったところですね。

風弥:去年のツアーがすごく楽しかったんです。バンドとしても成長できたし。そして今年もやろうということになって。2年連続ということで、去年試行錯誤していたことや反省点を活かして周ることができています。

今回は『HOME』というアルバムをリリースしてからのツアーになったんですけど、DaizyStripperはこれまで「アルバムのリリースツアー」をやったことのないバンドだったんですよ。他のバンドからしたらスタンダードなやり方かもしれませんが、実はやってきてなかった。10年目にしてアルバムツアーが初めてという(笑)。

ーー10年目にして改めてアルバムリリースツアーに挑戦という。

風弥:そうすることでアルバムの曲たちを丁寧に育てることができました。今までは曲を出してもまとめて披露するという場がなかったので、今回全県でそれができてファンの子もすごく濃厚な時間を、『HOME』という世界に持ってくれたんじゃないかなあ。

2年連続で回ると大変と思うかもしれないけど、DaizyStripperの場合はそんなことも感じず、レベルアップしましたね。

ーータフですね。

風弥:でもツアーだとライブに集中できるというか。たとえば東京とかだと、朝渋滞に巻き込まれながら移動して、みたいな感じですけど、ツアーだと会場の近くのホテルに滞在するわけじゃないですか。起きてすぐ会場に行ってライブしての生活サイクルになるので、身体もそれに慣れていくし。

ライブを毎日やっていると身体が動くようになってくるし、自分のプレイのクオリティも上がっていくし。それが自信につながっていって、良い循環が生まれるんですよ。

ーー東京ですと、たとえばこういうインタビュー仕事も含めてどうしても入る雑事がありますもんね。

風弥:身体よりは脳みそなんですよね。個人的に曲作りとライブを並行するとつらくて。脳みそが曲作りに半分もってかれた状態だと集中力も落ちたりすることもあるので。47都道府県ツアーはそれが無いから一気に突っ走れるのがいいですよ。

ーー風弥さんは毎回ブログでリハーサル動画をあげていらっしゃいますよね。

風弥:ちょっとおもしろいことをしたくて、去年の47ツアーからブログにリハーサル動画をあげたら、ファンの子たちからも好評だったんです。

ーー普段なかなか見ることが出来ないですし。

風弥:地方のライブハウスだと会場によってはステージが低かったりドラム台がなかったりで、ドラムがあまり見えないこともあって。でもせっかく来てくれているのに、何も見えなかったというのもなあ、お互いせつないなと思って。もっと観てもらえる方法はないかなと思って考えたんです。

ーーファン想いですね。反響はいかがでしたか?

風弥:俺的にはライブみたいに正面から撮った動画がいいのかなと思っていたんですが、そうじゃなくて足元とか、タムの下とか、ペダルアップとか。なかなか見ることのできない角度からの動画が面白いっていわれますね。

ーーもしかしたらそこからドラムに興味を持って始める人もいるかもしれませんね。

風弥:そうなったらうれしいですね。

「まず10年は続けられるバンドでいよう」という目標があった

ーーDaizyStripperはこの2年間、10thアニバーサリーを掲げての活動を行っています。

風弥:僕たちは10周年プロジェクトを9年目からやってるんですけど。まあ、濃厚ですよね。1年間じゃやりたいことをやりきれない(笑)。DaizyStripperは結成当初から「まず10年は続けられるバンドでいよう」という目標があって、10という数字に重きをおいていました。だからアニバーサリーは盛大にやりたかった。

ーーなるほど。

風弥:10年バンドが続くというのも簡単なことではないと思うし。「10年続く」というのはメンバーの仲や音楽性もあるけど、10年という歳月を支えてくれるファンがいないと成り立たないものじゃないですか。いくらバンドが存在していても、支えてくれる人たちがいないと活動もできないですし。だから感謝ですね。

ーー一時期まゆさんが活動を休止をされていましたが、そこから復帰できたのも、待ってくれる人がいたからということですね。

風弥:そうですね、4人になったときもあったんですけど。そのときも変わらず支えてくれる人もいて、まゆが帰ってきたとき「おかえり」と言ってくれた人がいたから、DaizyStripperもまた5人に戻れたし、10年をこの5人で迎えることができたんじゃないかな。

極薄の衣装を着て朝5時に太平洋にさらされるという(笑)

ーーこの10年間で思い出深い出来事ってありますか?

風弥:常に最初から10年目までずっと同じくらいの濃い密度で活動してきたんですけど……。

そうですね、すごくハッキリおぼえているのは『ダンデライオン』のMV撮影のときかな。

その時点でメンバー全員まだ誰もMVというものを撮ったことがなくて。いきなり千葉の屏風ヶ浦というところにいって。真冬に。皆で半袖だったりヘソ出しだったりの極薄の衣装を着て朝5時に太平洋にさらされるという(笑)。「MV撮影ってこんなに過酷なんだ」って思った記憶があります。ドラムも崖から1メートル手前くらいのところで、俺落ちて死ぬんじゃないかってくらい(笑)。

ほかにも5年目の渋谷公会堂のライブのことはすごく覚えていますね。バンドにとってその時の最大キャパだったし、渋谷公会堂というのは憧れの地だったし、5周年という節目であの会場でライブが出来たのは幸せでした。

ーー10年前と現在を比べて、取り巻く環境の変化を感じたりはしますか?

風弥:DaizyStripperは幸いなことに、あんまり変わってないんですよね。それこそ若い後輩たちからは最近のライブハウス事情が厳しかったりとかは聞くんですけど。

自分たちとして結成当初と今の感じっていい意味でそんなに変化はなくて。だから続いているというのはあると思うんですけど。幸い、デイジーは悪い意味での環境の変化がないから持続できたのはあるかもしれません。

それに、毎回毎年活動の内容が濃いんですよね。充実しているというのはあって。ネガティブなことを考える隙間もないというか、ただガムシャラに突っ走ってたら10年経ってました。その中で幸せな景色をたくさん見てきたし、悔しい思いやつらいこともあったけど、毎日が怒涛の日々というか。それが今考えると良かったのかもしれない。

07年結成組は、一緒に戦っている仲間

ーー2017年に活動10年目を迎える、己龍、ダウト、DaizyStripper、HERO、vistlip、Mix Speaker's Inc.で東名阪をまわるイベント「10th Anniversary Special Tour 〜from 2007〜」も9月に予定されています。同じ時代を駆け抜けてきた同期に対して思うことはありますか?

風弥:まずは「尊敬」ですね。10年同じバンドを続けるって大変なことで、3年5年7年くらいで同期のバンドが少なくなっていく中で、10周年を迎えることのできるバンドの団結力というのは計り知れない。僕たちもその苦労をわかっているからこそ、尊敬しています。

音楽シーンが激動していく中で変わらない形でやっていけるのはすごいこと。ライバル、戦友ですね。ライバルといっても、今は敵対心とかは無いですけどね。
全員出たてのころはそういうのはありましたね。vistlipのメンバーにも「デイジー嫌いだったわ」って言われたし(笑)。これ「(笑)」つけておいてくださいね。

ーーもちろんです(笑)。

風弥:最初の頃はそういうこともあったかもしれないけど、今は一緒に戦っている仲間ですね。07年結成組がこれだけ残ってるというのはすごいことみたいで。ほかの世代はあまり無いみたいで。

ある意味07年は奇跡じゃないですけど。こんだけ残ってるんだから、一緒にやりたいよね、とツアーを回ることになったんです。簡単にやってみようと思ってできることではないですからね。ともに1周年を迎えるのと10周年を迎えるのは違いますから。

ーーひとつのバンドですら10年続けることが厳しい中で。

風弥:バンドって不思議なもので、メンバーが5人だったら5人で作る音楽の影響力ってすごく強いものじゃないですか。なのにふとした瞬間に壊れてしまうっていう、弱い部分も持ち合わせている。強そうで弱いし、弱そうで強い。不思議な物体ですよね。だからこそ面白いんでしょうね。

ーーそして6月5日(月)、TDCホールにて、足掛け2年の10thアニバーサリーのひとつの節目となるグランドファイナル(DaizyStripper 10th Anniversary 47都道府県TOUR 2017 GRAND FINALE 「KISS THE FUTURE〜僕らの帰る場所〜」)を迎えます。

風弥:結構細かい打ち合わせをいっぱいしている最中ですね。10thアニバーサリーを2年かけて大体的にやってるわけですから。この10年で一番豪華なライブをしたいですよね。47都道府県ツアーのファイナル、そして10周年記念ライブ。今のバンドにとってこれ以上にでっかい看板はないわけじゃないですか。

ーーたしかに。

風弥:ライブってだいたい3時間程度ですよね、本当にそこに収まるのか?というくらいの内容をつめこんでいます。最初から最後まで1分たりとも目が離せないライブ、隙間がないライブになるんじゃないでしょうか。本当にすぐにでも言いたいですけど(笑)、このくらいにとどめておきます。

ーー最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

風弥:まずDaizyStripper を支えてくれたトレゾア(DaizyStripperファンの呼称)の皆に、10年間支えてくれてありがとう、と言いたいです。

そしてまだDaizyStripper をあまり知らない人には、まずライブに来てほしいです。ライブで豹変するバンドなので、生でしか味わえない空気の振動やうねりとかを感じてもらいたいから、なにはともあれDaizyStripperのライブを見てほしいです。

ーー対バンで見たことあっても、ワンマンはもっとすごいと。

風弥:普段のイベントだと時間も限られているし、もちろんそこで楽しんでもらえるライブはしていると自負できるけど、ワンマンはDaizyStripperの本当の姿というか、真価を見せることができるから、まずはワンマンライブに足を運んで、DaizyStripperの波に埋もれてほしいですね。

リリーススケジュール

DaizyStripperメジャーデビューシングル発売決定!

2017年7月26日(水)発売
DaizyStripper ニューシングル 「タイトル未定」
■初回限定盤A:\1,900+税VBZJ-52
・CD(2曲収録)
・DVD(MV、MV SLIP、オフショット収録)
・トレーディンングカードA(全10種からランダムで1枚封入)

■初回限定盤B:\1,900+税VBZJ-53
・CD(2曲収録)
・豪華ブックレット(1)
・トレーディンングカードB(全10種からランダムで1枚封入)

■初回限定盤C:\1,900+税VBZJ-54
・CD(2曲収録)
・豪華ブックレット(2)
・トレーディンングカードC(全10種からランダムで1枚封入)

■通常盤:\1,500+税VBCJ-30022
・CD(3曲収録)
・トレーディンングカードD(全10種からランダムで1枚封入)

■2017年1月11日(水) 7th Full Album「HOME」Release!

ライブスケジュール

■10th Anniversary 47都道府県TOUR 2017「僕らの帰る場所」
■10th Anniversary 47都道府県TOUR 2017 GRAND FINALE「KISS THE FUTURE〜僕らの帰る場所〜」
6月5日(月)TOKYO DOME CITY HALL
■2017年10周年を迎える己龍、ダウト、DaizyStripper、HERO、vistlip、Mix Speaker's Inc.が東名阪Zepp TOURを開催決定!
【出演】
己龍、ダウト、DaizyStripper、HERO、vistlip、Mix Speaker's Inc.(50音順)
【日程】
2017年9月2日(土)Zepp Osaka bayside
2017年9月3日(日)Zepp Nagoya
2017年9月17日(日)Zepp Tokyo