画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ディーアンドエムはこのほど、「味噌汁」に関する調査結果を発表した。同調査は1月14日〜20日、20歳以上の全国男女約10,000人を対象にインターネットで実施したもの。

味噌汁を飲む頻度について尋ねたところ、24.3%が「ほぼ毎日」と回答した。2位は「週に2〜3回くらい」(23.4%)、3位は「週に4〜6回」(20.2%)、4位は「週に1日くらい」(11.6%)となっている。1週間に1回以上は味噌汁を飲む人が約8割を占めた。

味噌汁を飲む頻度を性別・年齢別で見ると、ほとんどの年代が男女共に同じくらいの結果であるのに対し、60歳以上だけ男性のほうが女性よりも「毎日飲む」と回答した人が多かった。全体で見比べてみても、60歳以上の男性が味噌汁を毎日飲む頻度はとても高いことが分かった。

味噌汁の具材で好きなものを尋ねると、1位は「豆腐」(65.0%)、2位は「ワカメ」(56.6%)、3位は「油揚げ」(50.3%)、4位は「ねぎ」(40.0%)、5位は「大根」(39.9%)となった。

味噌汁を作る際、何味噌を使っているか聞くと、64.5%が米味噌・麦味噌・豆味噌の3種または2種を調合して作られた味噌「合わせ味噌」と回答した。次いで「赤味噌」(19.7%)、「白味噌」(19.5%)となっている。

西日本・東日本と地域別で見たところ、西日本では「合わせ味噌」が72.3%、「赤味噌」が21.1%、「白味噌」が14.3%だった。東日本でも「合わせ味噌」(59.7%)が最も多く、次いで「白味噌」(22.8%)、「赤味噌」(18.9%)となっている。