Mighty Mouth サンチュ「入隊前から治療のためにマッサージを受けていた、今はただ反省」

写真拡大 (全4枚)

ヒップホップデュオMighty Mouthのサンチュが、過去の論争に関して心境を話した。

最近行われたケーブルチャンネルskyDrama「ジュークバス」の収録に、Mighty MouthのサンチュとSHORRY Jが5年ぶりに完全体として出演。

サンチュは過去に、軍服務時代にマッサージ店訪問と勤務地離脱などで物議を醸し、長期間自粛の時間を持ちながら放送活動を自制して来た。

収録現場で緊張していたMighty Mouthを見たMCのDinDinは「サンチュと親交があってよく会うけど、僕も誤解していた部分があった。いっそ心を開いて楽な気持ちで撮影に臨んだらどうだろう」と話した。

これにサンチュは「論争が発生した時、いろいろと解明をしたけど、それが逆に誤解を招いてしまったみたい。もう言い訳さえ申し訳なくなって、良い音楽で恩返しするしかない」と謝罪の言葉を伝えた。

MCのタク・ジェフンは、サンチュに向かって「メンバーSHORRY Jはドラマを通して会うことができたけど、サンチュは自粛期間に何をしていたの? まさか、自粛期間にもマッサージを受けてないよね」と毒舌を放ち、サンチュを困惑させた。

そしてこれを聞いたサンチュは「初めてバラエティ番組に出演したのに、この番組を最後にまた1年間休むことになるじゃないか」と慎重な態度を見せる一方で、彼の冗談で緊張が解けたという。

サンチュは「実は軍入隊前から怪我した肩を治療するためにマッサージを受けていた。以前は悔しい気持ちがあったけど、今はただ反省している」とこれまで話すことができなかった本音を打ち明けた。

タク・ジェフンは「辛い時間だったはずだがそれを契機に、今後より成熟した姿を見せることができると思う」とアドバイスを惜しまなかった。

この模様は韓国で16日の午後8時に放送された。