「iOS10.3.2」リリース!大幅な修正がなくともダウンロードすべき理由とは?

写真拡大

 Appleは5月16日、最新版となるiOS10.3.2をリリース。4月8日に行なわれたiOS10.3.1のリリースから約1か月強で行われたアップデートの内容をピックアップしてみよう。

◆新機能や機能強化はなし!

 iOS10.3.2のアップデートでは、新機能の搭載や機能強化は行われておらず、23項目のセキュリティの改善やバグ修正となっている。そのため、安全性や安定性は高まるものの、アップデートを行ったことによりユーザーが効果を体感することはほとんどないだろう。

 なお、今回リリースされたiOSのアップデートに対応するのは、iPhone5以降の端末と第4世代以降のiPad、第6世代以降のiPod touchとなっている。

【iBooks】
・悪意を持って作成された書籍を開くと任意のコードが実行される問題を修正
・アプリケーションがルート権限で任意のコードを実行される問題を修正

【カーネル】
・アプリケーションがルート権限で任意のコードを実行される問題を修正
・アプリケーションが制限付きメモリを読み取る問題を修正

【通知】
・アプリケーションがサービス拒否を引き起こす問題を修正

【Safari】
・悪意を持って作成されたWebページにアクセスすると、アプリケーションのサービス拒否につながる問題を修正

 など23項目だ。

 今回行われた「iOS10.3.2」のリリースは、新機能などの搭載を伴わない改善的なもの留まっているものの、iOSデバイスを安心して利用するための修正が多数含まれている。加えて、現時点ではアップデートに伴う大きな不具合なども報告されていない。

 次期iOSのリリースが間近と噂されるいま、まさに円熟期を迎えた最新のiOSを導入しておく価値は十分にあるものと言えそうだ。

<文/古作光徳>

【古作光徳】
パソコン関連誌の編集部を経て、2006年にライターとして独立。主にパソコンやスマホ、家電関連誌などを中心に活動中。近年は車やバイク、将棋など、趣味関連誌の執筆や編集にも携わっている