「私たちは二人で一人♪」カップルでいつも行動するアメリカ人【国際恋愛のABC】

写真拡大

 昨今、外国人と恋愛するチャンスって意外とあるんです。メタル好きが高じてアメリカへ留学した「めがめたるさん」も、現地で知り合ったアメリカ人と遠距離恋愛ののち結婚。在米歴9年の彼女が見た、国際恋愛の作法とは…。

===============
 前回は『アメリカでは家族に紹介される=結婚を意識、ではない』というテーマでお話しましたが、今回はカップルでの行動について。

 アメリカに住み始めて驚いたのは、私たちは二人で一人♪ と言わんばかりに常に恋人と一緒に行動するカップルの多いこと!

 日本にいた頃は付き合っている人がいる時も、「私の友達は私の友達、彼の友達は彼の友達」という意識でいました。お互いの友達に紹介することもあるけれど、共通の友人が多く来るイベント以外、自分の友達と遊ぶ時は単独行動で、それを疑問に思ったこともありませんでした。

◆「カップルで共に行動するのが当たり前」のアメリカ

 しかし、ここアメリカではパーティーやイベントに参加する時はカップルで共に行動するのが当たり前! 結婚式にお葬式、その他誕生日のサプライズパーティーなど他様々イベントも、2人のうちどちらかが誘われると、そのパートナーも参加となります。

 ちょっと分かりにくいと思うのですが、例えるなら日本だと仕事の後に会社の皆で飲みに行こう! となった時に、「じゃあ俺彼女連れて来るわ」とそのうち1人が言う感じでしょうか。「え? 何で?」となりそうですよね。

 アメリカでは夫がどこかに誘われようものなら、全く関係のない私に「一緒に来られる? スケジュール空いてる?」と連絡が入ります。「いやいや、私知ってる人いないし一人で行っておいでよ〜」と答えると「冷たい…」と悲しまれることも。

 単に夫が構ってちゃんなだけかと思いきや、「カップルなんだからどこかに行く時は一緒じゃないと!」という考えのアメリカ人は意外に多いのです。

 よく映画などで「彼って恋人でもあり、私の一番の親友でもあるの!」みたいな台詞を聞きますが、「そりゃこんだけ一緒に行動してたら、親友レベルで仲良しじゃないとやっていけないわ」と今は思います。

 知人のアメリカ人男性なんて「僕が一人になるのは仕事の時だけ。他はどこに行くにも妻と子供と一緒だよ」と語っていました。人によって程度は違うでしょうが、カップル文化とはそういうものなのか…!

◆カップル文化だけど、相手は友達でも良し!1人でも良し!

 こう書くと「じゃあ彼氏彼女がいない人は、アメリカでは肩の身狭い想いをするのでは?」と思われそうですが、このカップルで来る人が多いイベント、実は「自分+ゲスト1人」であれば誰を連れてきてもいいそうです。

「今彼女がいないから、元カノと一緒に来た〜」という人や「彼氏いないから親友(女性)と来た!」という人もいますし、もちろん1人で行ったからと言って、恋人がいないのかと問い詰められたりはしません。なので恋人がいない! と焦る必要は特になし。

 生まれも育ちも日本の筆者は、このカップル文化に慣れるまで結構時間がかかりました。アメリカ生活が何年目に入ろうとも「たまには一人でいたいし、夫抜きでどこかに行きたい!」という想いは消えず、未だにほぼ毎月女子会の時間を設けては、同じ境遇の女同士で息抜きしております。

 絆は深まるけれども、なかなか疲れるこのカップル文化。皆様はどう思いますか?

<絵と文/めがめたる>

【めがめたる】
イラストレーター/ブロガー/日本語教師/Heavy Metal Enthusiast ヘヴィメタル好きが高じてアメリカに留学し、現地で知り合ったアメリカ人と結婚。夫との暮らしを描いたブログ『彼と日本語と私』とメタラーの孤独っぷりをまとめた『メタリ子生活帳』を更新中。