市場想定価格25,000円(税別) / 6月上旬発売

TASCAM DR-10L

主な特長

  • 付属のピンマイクから直接録音
  • 軽量、コンパクトでウェアラブルな設計
  • スクリューロックコネクタによる確実な接続

newproduct_20170517_teacDR10l_I.jpg

TEACは、ピンマイクから直接録音することが可能なレコーダー「TASCAM DR-10L」を発売する。付属のピンマイクは、襟元など口元から近い場所に装着することができ、よりクリアで聞きやすい音声の収録が可能。ピンマイクは感度-42dBV/Pa、115dB SPLの最大入力音圧レベルを持ち、小さい声から大きい声まで、幅広く対応することができる。

レコーダー部は、軽量コンパクトなウェアラブル設計。着脱可能なクリップにより、ベルトなどに目立たず装着できる。また、単4形電池1本で約10時間の駆動が可能なため、長時間に渡る収録にも適している。

記録メディア:micro SD(64M〜2GB)、micro SDHC(4G〜32GB) / 録音再生フォーマット:16/24 ビット、44.1k/48kHz、WAV(BWFフォーマット、MONO/POLY) / マイク入力コネクター:1/8”(3.5mm)mini TRSジャック(スクリューロック付) / ラベリアマイク(ピンマイク)性能:感度-42dBV/Pa、全指向性 / 外寸:52×55.6×24.4mm / 質量:51g(電池を含まず)

お問い合わせ先:タスカムカスタマーサポート(0570-000-809)