福士蒼汰、初の敵役や木村拓哉との共演語る

写真拡大

俳優の福士蒼汰(23歳)が5月16日、Ameba official Press (アメーバオフィシャルプレス)のブログに登場。出演する木村拓哉(44歳)の主演映画「無限の住人」への思いなどを語った。

同作は、剣客集団・逸刀流に両親を殺されてしまった少女・凜(杉咲花)が不死身の肉体を持つ男・万次(木村拓哉)に用心棒を依頼し、両親の仇を討つために戦い続ける“ぶった斬り”アクションエンターテイメント。福士は、流儀や格式に囚われず、勝つことのみを目指す剣客集団・逸刀流の統主であり、凜の父親を殺した張本人である天津影久を演じている。

映画「神さまの言うとおり」(2014年)以来、2度目となる三池崇史監督作品。「第一声で『君にかかっているからね』」と言われて、ドキッとしました(笑)」と、久々に会う三池監督に改めて挨拶に行った時のエピソードを明かし、「すごく大事な役だし、自分には見合わないくらい美しい役だと感じていたのですが、それほど期待してくださっているんだと思うと、より気合が入りました」と、三池監督からもらった言葉を力に変え、本作に挑んだ力強い一面を見せた。

初の敵役で「すごく大事な役だし、自分には見合わないくらい美しい役」だという天津影久については、「天津は作品としては敵役という立場ですが、完全に悪とは言い切れない人物だと思うんです。悪だと思って行動しているわけではないし、自分の中の正義を貫いている。その表し方が極端なだけで、自分の信念を貫く男」とコメント。

また、役作りについても「剣(斧)を抜いた瞬間に暴力的になっていく、でもその中にも美しさがあるというのは常に意識していましたね。監督にも『暴力的かつ美しく』と言われていたので」と三池監督とのやりとりを明かし、数か月前から殺陣の稽古をしたり、慣れておくためにもなるべく自分の武器を手に持ち歩くようにしたりと、緊張しながらも、初めての本格的なアクションを楽しみながら演じられたという。

そして主人公・不死身の肉体を持つ男・万次を演じた木村との共演については「現場では本当に、刺激をいただいて。かっこよさももちろんですけど、1つ1つ芝居への本気度合いがひしひしと伝わってきて、それが役に入るとより増長されるんです。殺陣の瞬間や剣を交えるシーンでも木村さんに引き込まれるというか、木村さんの引力にすごい力で引っ張られる。引っ張られつつ、自分の持っている実力以上のものを引き出してもらいました。」と振り返った。