チェ・ドンウク&超新星 ソンジェ、出会いは7年前…ミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」で念願の共演!“僕のヒーローはSE7EN先輩”

写真拡大 (全4枚)

韓国で上演されるやいなや、大ヒットとなったミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」が満を持して日本で上演される。その製作発表会が4月13日に行われ、主人公のオリバー役を演じるチェ・ドンウク(SE7EN) とソンジェ(超新星)が登壇した。製作発表会後、2人にインタビューを決行。出会いは遡ること20代だったチェ・ドンウク(SE7EN) とソンジェ。大人になったお互いの印象やオリバーのこと、また自身にとっての「ヒーロー」について語ってもらった。

【PHOTO】ミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」チェ・ドンウク(SE7EN)&超新星 ソンジェ“時を経て一緒に仕事ができるのはうれしい”

【プレゼント】チェ・ドンウク(SE7EN)&超新星 ソンジェ直筆サイン入りポラを各1名(計2名)様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――作品について伺う前に、チェ・ドンウク(SE7EN) さん、ソンジェさんそれぞれお互いの印象を教えてください。

チェ・ドンウク:初めて会ったのは7年くらい前です。そこから連絡を取ったり、会えば話すようになったよね。

ソンジェ:はい、7年前から仲良しです。僕は当時25歳でした。チェ・ドンウク(SE7EN) さんは僕がすごく若い頃から、歌手の先輩として、いちファンであり憧れのアーティストでした。僕の歌手活動についてアドバイスをくださったり、親しくさせてもらっています。お互い入隊などで一時期連絡が取れなくなったりもしましたが、こうしてこのミュージカルをきっかけに、また近い距離で仲良くできてとてもうれしいです。練習を通して、さらに親密になれて僕は毎日が楽しいです。

――チェ・ドンウクさんも共演できてうれしいですか? そしてお二人とも20代から30代へと、大人になりましたが、関係性や姿は変わりませんか?

チェ・ドンウク:そうですね。時を経て一緒に仕事ができるのはうれしいものですね。関係も姿も、さほど大きな変化というのはお互いにないかな、ないよね?

ソンジェ:チェ・ドンウク先輩は、ずっとかっこいい先輩です! 以前は“若い王子様”だったのが、今は貫禄がついて男らしさの加わった紳士になりました。

チェ・ドンウク:ソンジェはすごくかわいくて、子どもっぽさやあどけなさがすごく印象的だったけど、いまはすっかり男らしくなりました。

――そんな二人が今回同じ役、オリバーを演じます。オリバーについて、どんなことを感じていますか?

ソンジェ:ずっと主人のことを恋しがっているロボットです。そして再会できることを心待ちにしながら、たくましく生きる純粋なキャラクターです。女性ロボットと恋にも落ちます。今まさに稽古真っ只中で、僕ならではのオリバーが表現できるように努力しています。「もし自身がオリバーのような立場だったらどうするだろうか?」と考えながら、役と対峙しているところです。

チェ・ドンウク:右に同じです(笑)

――(笑) ではチェ・ドンウクさんに質問です。ヘルパーロボットの“ヘルパボット”は、より人間に近いけれどロボットですよね。本作のような世界観をどう思いますか?

チェ・ドンウク:ずっと先の未来の話ですから、その時になれば人間もロボットもほとんど変わらないんじゃないかなと思います、心も考え方も、今以上に人間と近くなると思います。でも、人間の持っていない純粋さや、ロボットだからこそ考えること、考えつかないこと、そういった面を見せられたら、お客さんも新鮮な気持ちになったり、心について考えるきっかけになったりするかなと思っています。

「さまざまな感情を展開してお客さんの感情を動かします」

――たとえば、お二人の愛する人が、実は“ヘルパボット”だとしたら、気持ちは変わらないと思いますか?

ソンジェ:まずは両親に相談しようと思います(笑)

チェ・ドンウク:今現在、僕らの世界に存在するロボットの姿は、視覚的にも違うものだとわかるものですよね。でも「メイビー、ハッピーエンド」に登場するロボットは、見た目にもほとんど違いがないんです。だから、大事なのは気持ちで、相手がロボットでも関係ないかなと思います。

――“ロボット”と聞いて、思いつくキャラクターやヒーローはいますか?

チェ・ドンウク:「テコンV」という、日本ならガンダムかな? のような戦闘ロボのアニメが子どもの頃に流行りました。当時の男の子は、みんなそれを観て育ちました。

ソンジェ:僕はロボットと言えばずばり、チェ・ドンウクさんです! ロボットダンスがほんとに本当にかっこよくて……。

チェ・ドンウク:いやいやいや! もう! そういうのじゃなくてだよ〜!(照)

ソンジェ:だって本当のことですから!(笑) 僕が歌手を夢見ていた頃に、チェ・ドンウクさんを見て学んだ世代なので、僕たちの世代はみんなチェ・ドンウクさんがヒーローです。

「チェ・ドンウクさんのオリバーは“純粋なロボット”」

――お二人はミュージカル俳優として、またアーティストとしてステージに立ちますよね。気持ちなどに違いはあるのでしょうか。

チェ・ドンウク:演技者として立つ舞台と、自身としての立つ舞台は全然違います。内面も違うし、やり方も違う。僕を表現するか、役として表現するか。それは“魅せる”と言っても似て非なるものですね。

ソンジェ:自分たちの公演は歌手として、グループ内での自分の役目をきちんと果たせば良いのですが、ミュージカルは共演する俳優さんたちと呼吸を合わせて“一緒に”作り上げていくということが大きく違います。

――皆さん一緒に稽古をされているということですが、お互いのオリバーにキーワードをつけるとしたら?

チェ・ドンウク:まだ稽古中だから変わるかもしれないけど……ソンジェのオリバーは“頭のいいロボット”かな。

ソンジェ:難しいですね〜。チェ・ドンウクさんのオリバーは“純粋なロボット”にします。

――では最後に、「メイビー、ハッピーエンド」の見どころとメッセージをお願いします。

チェ・ドンウク:面白い、寂しい、哀しい、ドキドキ……さまざまな感情を展開し、お客さんの感情を動かします。音楽もステキな曲ばかりです。ぜひ、劇場へ足を運んでください。

ソンジェ:間違いなく、間違いなく! 見終わった後に気分が良くなる作品です。温かい気持ちで帰路につけると思いますよ。劇場でお待ちしています!

※ソンジェ(超新星) スタイリスト:横田勝広&米村和晃(YKP)

撮影:沼田 学

■公演情報
ミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」
公演日時:2017年5月19日(金)〜5月28日(日) 計17公演
※韓国語公演・日本語字幕あり
会場:サンシャイン劇場
出演:チェ・ドンウク(SE7EN)、ソンジェ(超新星)、KEVIN(ウ・ソンヒョン)、キム・ボギョン、ソン・サンウン、ラジュン
チケット一般発売日:2017年5月1日(月)〜

■関連サイト
公式サイト:http://www.shinswave.com/