イ・ジョンジェ&ヨ・ジング主演映画「代立軍」ファイナルポスターを公開…強烈なカリスマ性に“高まる期待”

写真拡大

イ・ジョンジェとヨ・ジング主演の「代立軍」が、ファイナルポスターを公開した。

「代立軍」は1592年の壬辰倭乱(文禄の役の朝鮮側からの呼称) 当時、明に播遷(王が都城を離れて避難すること) した王・宣祖(ソンジョ) に代わって、臨時で朝鮮分朝を率いることになった世子(王の跡継ぎ) 光海(クァンへ) と、生存のために他人の軍役を代わりに行った代立軍が、残酷な戦争に対抗して運命を共に分かち合う物語を描いた作品だ。

ファイナルポスターは、代立軍のリーダーであるトウ役のイ・ジョンジェと光海役のヨ・ジングの顔が互いに交差して、代立という意味を可視化してユニークに解釈した。他人に代わって運命を引き受けることになったこの2人は、戦場の中の熱い運命の共感と共に、新しいリーダーに対する意味を伝える。特にイ・ジョンジェとヨ・ジングの2人の俳優の眼差しだけでも、映画の中の強烈なカリスマ性をすでに感じることができるという評価だ。

これと共に「誰が王を呼び覚まして、国を建てるのか」という朝鮮の歴史上で最も残酷な戦争である壬辰倭乱の中、民衆が倭軍に対抗して国を救うために新しい王と共にしなければならなかった、隠されたビハインドストーリーに対する好奇心を呼びおこした。

韓国で5月31日に公開される。