写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Monoプロジェクトは5月15日(米国時間)、「Mono 5.0 is out!|Mono」において、Monoの最新版となる「Mono 5.0.0」の公開を伝えた。MonoはMicrosoft .NET Frameworkのオープンソース実装。Microsoftのスポンサードのもとで開発が進められており、Windows以外のプラットフォームで.NETアプリケーションを動作させる際に利用できる。

「Mono 5.0.0」の主な特徴は次のとおり。

・C#7をサポートするRoslyn C#コンパイラの同梱
・互換性確保のためにmsbuildおよびすでに非推となっているxbuildを同梱
・ガベージコレクタでの処理時間を軽減するために並列SGenガベージコレクタを有効化
・macOSにおけるHTTPS接続にAppleTLSスタックを導入
・.NET Class Libraryコンバージェンスの開発
・macOSパッケージにおけるlibjpegのアップデート
・Windows 64ビット版をサポート
・PowerPCのサポートを復帰
・各種バグの修正

Monoを利用することで、Windowsプラットフォームのみならず、LinuxやmacOSなどのプラットフォームでも利用できるアプリケーションを開発することが可能。Microsoftはコアコンポーネントをオープンソース化するなど、Windowsプラットフォーム以外での実行環境の強化へ向けた取り組みを進めており、Monoは特にWindowsプラットフォーム以外のプラットフォームで.NET Frameworkを利用するためのキープラットフォームとなっている。

(後藤大地)