(c)BLEED FOR THIS, LLC 2016

写真拡大

 『セッション』のマイルズ・テラーが主演を務める映画『ビニー/信じる男』の公開日が7月21日に決定。あわせて本編映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、伝説のボクサー、ビニー・パジェンサの実話を基にした人間ドラマ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負った世界ジュニアミドル級チャンピオンのビニー・パジェンサが、命を懸け、トレーナーのケビンとともに、どん底から王座奪還を目指す模様を描く。マーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、『マネー・ゲーム』のベン・ヤンガーが監督・脚本を務めた。

 このたび公開された本編映像は、テラー演じるビニーが、頭に脊椎固定装置“ハロ”をつけ、事故後のまだ体中に激痛の走るなか、トレーニングをする様子を捉えたもの。頭に付けている“ハロ”に触れると激痛が走るため、注意深くたどたどしい動きでバーベル上げに挑戦するビニー。以前は軽々と持ち上げられていたバーベルがビクとも上がらないなか、それでも挫けないビニーはバーベルを軽くして再び挑戦する。

 映画の第二幕の撮影中ではほとんど一日中この厄介な“ハロ”を装着して撮影していたテラーは「“ハロ”をつけると頭痛がするんだけど、それを1日中付けなきゃいけなかったんだ。とんでもないことさ、頭にドリルで穴を空けて、あれを取り付けるって想像してみてよ」と撮影時の苦労を明かした。

 また、パジェンサ本人も「よくこんな状態でトレーニングしていたなと。頭蓋骨に穴を空けて、折れた首を体に付けた装具の先端にネジで固定しているけど、体に当たっちゃいけないんだ。どう見たって、かなりヤバイだろ」と自身の当時の無謀な挑戦を振り返っている。(リアルサウンド編集部)