【詳細】他の写真はこちら

これさえあれば本格ピザが食べ放題。

みんなでワイワイ集まるパーティーではやっぱり熱々のピザが欲しくなるもの。オーブンでもいいけど、できれば窯でピザを焼きたい! そうは思ってもなかなか難しいですよね。

……と言うわけでいいヤツ見つけました。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を始めている鉄製ピザ窯『Städler Made Outdoor Oven』です。

薪でピザを焼く本格スタイル





薪を燃やすタイプの窯となるこの『Städler Made Outdoor Oven』。内部の温度は最大400℃に達し、窯の上下にセットされたコージライトの熱伝導効果によって、薪からの熱が均一にピザへと伝わる仕組みになっています。きちんと余熱された状態であれば、5分以内で“中はもっちり、外はカリッと”なピザが焼き上がるんですって!

組み立ては簡単。長く使えそう





『Städler Made Outdoor Oven』の本体素材には3mm厚のコルテン鋼(耐候性鋼)が採用されています。コルテン鋼は表面を保護するようにサビが発生するので、野外に設置しっぱなしでも長期間使い続けることができるんだそう。

本体はサイズがW37×H85×D40cmで、組み立て式になっている点もポイントと言えそうです。製品はバラバラに分解された状態で配送され、購入者が自分で組み立てることに。組立に道具は必要ありませんし、引っ越しの際にも簡単に分解して持ち運ぶことができます。

ちなみに『Städler Made Outdoor Oven』のプロジェクトはすでに目標金額を達成しており、現時点では310ドル(約3万5000円)で本体とピザカッターのセットが入手可能です。2017年7月に出荷予定で、日本への発送も対応してくれるそう。こんな洒落たピザ窯でピザを焼いたら、そりゃ美味しいに決まっていますよね!

文/塚本直樹

関連サイト



『Städler Made Outdoor Oven』プロジェクトページ

関連記事



『食べられるお箸(畳味)』爆誕。職人による手作りの逸品

これが未来の調理か。食品3Dプリンター『FOODINI』の料理がおいしそう!?

【超速報】噂のバルミューダ炊飯器「BALMUDA The Gohan」実食レポート!