「コードネーム U.N.C.L.E.」に続いて
ガイ・リッチー監督とコラボ (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」で知られるガイ・リッチー監督が中世の騎士道物語に独自の解釈を加えて映画化した「キング・アーサー」に出演している元サッカー選手、デビッド・ベッカムの場面写真が公開された。特殊メイクを施し、国王軍の兵士として登場する。

 イングランド王の父ユーサー(エリック・バナ)が暗殺され、スラムで育った息子アーサー(チャーリー・ハナム)が、ユーサーが残した聖剣エクスカリバーを手に入れ、両親のかたきである暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に挑むさまを描く。「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」のアストリッド・ベルジェ=フリスベ、「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジャイモン・フンスー、「ダークナイト ライジング」のエイダン・ギレンが脇を固める。

 「コードネーム U.N.C.L.E.」で俳優デビューを飾ったベッカムは、リッチー監督との再タッグとなる本作で、アーサーが岩に刺さったエクスカリバーを引き抜き、王の後継者であることを示す重要シーンに登場。よろいに身を包み、エクスカリバーを管理する兵士役を演じている。場面写真では、エクスカリバーに手をかけたアーサーをにらみつける姿が切り取られている。

 リッチー監督は「ベッカムにはスターの素質があると思う。『キング・アーサー』のどこかで登場してほしかったんだ」と起用理由を語り、ベッカムと共演したハナムは「ベッカムのことが大好きだし、真剣に演じてくれて感動したよ。本当に仕事に一生懸命だし、とても優しくて、謙虚で、思いやりがある真面目な人物だ。あの日、僕たち全員がベッカムにほれたと思うよ!」と興奮気味に語っている。

 「キング・アーサー」は、6月17日から全国公開。