14日、中国青年網によると、南寧市の路上でシェア自転車を解体している怪しげな男がいた。

写真拡大

2017年5月14日、中国青年網によると、南寧市の路上でシェア自転車を解体している怪しげな男がいた。

目撃者からの情報提供を受けた記者が現場を訪れると、車道脇で黄色のシェア自転車を解体する中年の男がおり、通行人のいぶかしげな視線を集めていた。記者が近づくと、「なぜ俺を撮るんだ?壊れたから修理してるんだよ」とにらんだという。

清掃員の劉(リウ)さんによると、男はシェア自転車のチェーンを外そうとしていたものの工具を持っていなかったため手こずり、しばらくして暑かったのか自転車を担いで道路を渡り、日陰に移動して解体を続けたという。

男はその後、駆けつけた警官にも同じように「修理している」と説明。しかし、シェア自転車の鍵はロックされた状態で、チェーンだけが外されていた。警官は男に警告した上で、シェア自転車を押収したという。(翻訳・編集/北田)