弾道ミサイル「火星12」型(2017年5月15日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、同国が14日に発射した弾道ミサイルをめぐり、日米をはじめとする諸外国が反発していることに対して、「われわれの国防力強化の本質と正当性に対する毀損、挑戦である」と非難する論評を配信した。

論評は、「米国がいわゆる圧迫だの、何のと言って朝鮮半島の周辺に核戦略装備を大々的に送り込んでわれわれを威嚇、恐喝しているが、アメリカ式虚勢は朝鮮に通じない」と強調した。

また、「誰が認めようが認めまいが、わが国家は名実共に核強国である。尊厳ある核保有国であるわが共和国の戦略的地位は、誰かの認定如何によって変わるものではない」と主張した。

さらに、「『火星12』型試射の成功に関して米国は、米本土と太平洋作戦地帯がわれわれの打撃圏内に入っているという現実とともに、せん滅的報復打撃のあらゆる強力な手段が朝鮮の手中にあるという現実に顔を背けても、誤って判断してもいけない」と述べた。

そのうえで、「敵対勢力がたわいない軽挙妄動でわが共和国にやたらに手出しするなら、史上最大の災難を免れられないであろう」と警告した。