16日、このところ日本風ファッションが目立つ中国の俳優ジン・ボーランだが、最近見せたデニム姿が「さすがにキツい」とネットユーザーの不評を買っている。

写真拡大

2017年5月16日、このところ日系(日本風)ファッションが目立つ中国の人気イケメン俳優ジン・ボーラン(井柏然)だが、最近見せたデニム姿が「さすがにキツい」とネットユーザーの不評を買っている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ジン・ボーランのファッションが最近、日本風路線をひた走っている。日本のカジュアルブランドの広告塔に起用されるなど日本との接点もあり、ヘアスタイルは中国の俳優には珍しいゆるふわパーマで、メガネ男子姿や映画祭でのスタイリッシュなスーツ姿なども注目されてきた。

しかし、そのジン・ボーランが先月見せた空港でのファッションが、ネットユーザーの酷評を浴びている。問題のファッションとは、ピンクのボーダ柄ニットに、個性的なデニムを合わせたもの。カチューシャで髪をまとめ、大きなサングラスをかけたその装いは、中国の人々の目にはまさに“日系ファッション”として映るスタイルだ。

「ゲイスタイル?」「さすがにキツい」「ファスナーが気になって仕方ない」「行き過ぎた日系だな」「ジン・ボーランのスタイリストは、いい加減に日系をやめるべき」などといった声がネットユーザーの間から上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)