17日、韓国メディアによると、2018年に韓国で開催される平昌五輪のボランティア教育で、ある講師が外見至上主義や人種差別的な発言をしていたことが分かり、物議を醸している。写真は平昌五輪のマスコット。

写真拡大

2017年5月17日、韓国・ソウル新聞によると、2018年に韓国で開催される平昌五輪のボランティア教育で、ある講師が外見至上主義や人種差別的な発言をしていたことが分かり、物議を醸している。

平昌五輪組織委員会は13日、ボランティアの大学生らを相手にサービスマナー教育を行った。しかし、教育の最中に講師のチョン教授が「仕事ができても顔が不細工では駄目」「女性にとって口紅は礼儀だ」「女性はいくらでも笑顔を作ることができる」など性差別的な発言をしたという。教育には梨花女子大や漢陽女子大のボランティア学生約50人が参加していた。

教育に参加していたある学生は「結局は容姿が私たちの実力に直結するという話を聞いてとても不快だった」と話している。また、特定の国を貶める人種差別的な発言もあったという。

これに対し、参加学生らは強く抗議し、一部の学生はSNSを通じて学校と平昌五輪組織委員会に対策を取るよう要求した。

チョン教授は発言した事実を認めたものの、「容姿を整えなければならないということを強調しようとして生じた誤解だ」と釈明した。

平昌五輪組織委員会は学生らに謝罪のメールを送り、チョン教授の講師資格を取り消した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「チョン教授の顔を公開して。そのようなことを言う資格があるか見てあげる」「なぜ教授になれた?教師に一番大切な『優れた人間性』を持っていないのに」などチョン教授に対する非難の声が上がっている。

また、「韓国社会には非常識な発言する人がまだまだたくさんいる。情けない」「仕方ないよ。それが韓国社会の現実なのだから」「ボランティアを顔で選ぶ。それがまさにヘル朝鮮(地獄の韓国)」など韓国社会に不満を示す声もあった。

そのほか「平昌五輪を開催するな。そんな低レベルマインドで何がしたいの?」と五輪の開催中止を求める声や、「外国では高齢で白髪の女性も秘書として働いている。なぜヘル朝鮮はこうなのか…」など外国と比較する声もみられた。

一方で「女性は過剰に反応し過ぎ」「正直、きれいな人は仕事もできる。性格も良いし」「女性は容姿も能力の一つ」など学生らの抗議に反発する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)