自分だけが見られる姿に胸キュン!彼女から送られてくると癒されるLINE5パターン

写真拡大

大好きな彼女から送られてくるLINE。
それだけでも嬉しいものですが、ちょっとしたポイントで彼もより和んでくれます。

今回は、そんな「彼女から送られてくると癒されるLINE」をご紹介します。
LINEのコツを覚えてて、彼のハートをより掴んでみませんか?

●(1)身体を気遣うLINE

『仕事で消耗しつくしたこの御身を気遣ってくれる天使みたいな女の子がいたら感動泣きしちゃいますね』(27歳/事務)

仕事から疲れてヘトヘトの帰り道。そんな時に彼女から来たラインを開くと「お仕事お疲れ様、ゆっくり休んでね」。
このように身体を気遣ってくれるようなラインを送ってもらえると、疲れた体と心も癒されます。

また風邪を引いてしまった時などにも「大丈夫?」「ごはん作りに行こうか?」などと心配して労ってくれるようなことを言われると、男性からしても「この子がいてくれて良かった」と思ってもらえるでしょう。

●(2)ほっこりするスタンプ

『スタンプのセンスがいい女の子って可愛いです。思わずほっこりするスタンプをたくさん使ってる女の子とLINEをすると元気がでます』(26歳/商社)

今では多くの人が会話の中に組み込ませるスタンプ。
こちらも女子特有の可愛らしいほっこりとしたものをチョイスすると、男性の癒しとなります。

例えばネコやウサギなどの動物系のスタンプが人気で、キュートなキャラクターは男性からすると購入する機会も少ないので「女の子らしいな」と思わず和みます。

時には言葉では伝わりにくい想いも伝えてくれる のがスタンプ。
男性の心を掴むためにも、ほっこりしたものを1つは持っておきたいです。

●(3)予想しなかった天然ボケ

『疲れが吹き飛ぶくらい可愛い天然ボケをかましてくれる子が好き』(31歳/営業)

いつもしっかりしているような女性も、普段からのんびりしているような女性も、突然の天然ボケというのはやはり癒されるもの。
なんでそれを?!という誤字脱字やスタンプの押し間違いなど、いきなりの天然ボケは男性からしてもフフッと微笑ましいものです。

その後には「ごめん、間違えちゃった」としっかりフォローも忘れずにしましょう。

●(4)自分しか見れないような写真

『すっぴん写メやパジャマ姿の写メなんかを送られると、信頼されてるのが伝わって嬉しいです』(30歳/長距離ドライバー)

彼氏という立場でしか見られないようなちょっと特別な彼女の姿というものは、自分が彼女にとって特別な存在であることを認識できて安心 するため癒されます。

例えばお風呂上がりのプライベートなすっぴんの写真や、寝る直前のリラックスタイムの写真など。
友達には見せられないような「普段の自分」を送れば、2人の心の距離感と信頼は縮まります。

●(5)次のデートの提案

『向こうからデートに誘ってもらえると嬉しいです!僕に会いたいんだなという気持ちが伝わるとキュンとする』(28歳/営業)

男性からのエスコートも嬉しいですが、たまには女性の方からデートの提案もしてみませんか?
女性からの「ここに行きたい」「あなたと行きたい」というメッセージは、男性の心も嬉しくなるものです。

2人の時間を特別な幸せなものにしたいという女性側の気持ちが届けば、きっと男性の心も癒されてくれると同時にラブバロメーターもアップすることでしょう。

●LINEで彼の心を癒しましょう!

いかがでしたか?
癒されるLINEのコツは男性にとって「自分だからこそ送ってくれる文章、自分にしか見れないような姿」であることが肝心です。
彼女という特別な立場だからこその、距離感ありきな癒されLINE。

ポイントを掴んで、彼の心を和ませてみましょう。
2人の距離ももっと縮まるかもしれません!

(文/恋愛jp編集部)