16日、中国共産主義青年団北京市委員会の機関紙・北京青年報は「重要な節目では必ず、この日本人は使命を帯びて中国にやってくる」と題した記事を掲載した。

写真拡大

2017年5月16日、中国共産主義青年団北京市委員会の機関紙・北京青年報は「重要な節目では必ず、この日本人は使命を帯びて中国にやってくる」と題した記事を掲載した。

「一帯一路」サミットに日本代表として出席した自民党の二階俊博幹事長は釣魚台国賓館(迎賓館)で中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談。安倍首相の3ページにわたる直筆の親書を手渡し、会談は17分に及んだ。

習主席は会談の際、二階氏について、中国の人々にとって長年日中友好に尽力してきた「老朋友(古くからの友人)」だとした。このように述べるのは、立場は変わっても日中友好への姿勢は変わらない二階氏に対する習主席の認識が如実に表れていると記事は指摘した。

2017年は日中国交正常化45周年、18年は日中平和友好条約の締結から40周年という節目に当たる。中国を訪問する前、二階氏は「日中間の意思疎通は極めて重要」と話しており、会談後の会見では、15年5月に会談した際と比べると、「今回は日中関係が徐々に好転していることが実感できた」と話した。

二階氏は15年3月のボアオ・アジア・フォーラムで、習主席に3000人訪中団の計画と中国の協力を求めると、習主席は歓迎の意で応じた。そして5月、日中友好文化交流団を引き連れ再び訪中。習主席自身があいさつを述べ、民間交流を重視する姿勢を示している。

1939年に和歌山県に生まれた二階氏は現在78歳。記事は二階氏がこれまで何度も中国を訪れていることを伝えており、中国の公式メディアが日本の政治家をこのように高く評価する記事を掲載するのは極めて珍しいことだと、アナリストは話している。(翻訳・編集/岡田)