万雷の拍手か、ブーイングか 闘莉王が守り続ける一つの流儀とは

写真拡大

プロキャリアで貫く礼儀 古巣には「自分のストーリーがある」

 田中マルクス闘莉王は2001年にサンフレッチェ広島でJリーグデビューを果たした。

 今季からJ2の京都サンガF.C.でプレーしているが、広島から水戸ホーリーホックへキャリア初の移籍を経験した03年から、守り続けている一つの流儀がある。

「当たり前のことは当たり前にやらないといけない」

 こう語る闘莉王は5月3日、アウェーの豊田スタジアムで行われた名古屋グランパス戦(1-1)でも、その流儀を貫き通した。試合後、名古屋サポーターの待つゴール裏に歩み寄ると、深々と一礼。すると闘莉王に対して、スタンドから温かい拍手が送られた。

 闘莉王は古巣との対戦時、毎試合相手サポーターの待つゴール裏まで足を運ぶ。プロとしての第一歩を踏みしめた広島、JリーグとAFCチャンピオンズリーグを制覇し、リーグMVPにも選出された浦和レッズとの対戦後には、かつて声援を送ってくれたサポーターへの挨拶を続けている。

「レッズの時には広島の試合で毎回挨拶に行く。グランパスの時にも、レッズと広島戦の時にはスタンドに毎回挨拶に行っている。それは当たり前のこと。理由? そこには自分のストーリーがある。自分がそこで過ごしたこと、そのチームでプレーしたことはずっと消えない。お世話になったことも忘れていない。拍手されるか、ブーイングされるかは、別の話ですけれどね」

“闘莉王ダービー”に大観衆「嬉しいですよ」

 名古屋時代、埼玉スタジアムに凱旋した際には、挨拶してもブーイングで対応されることもあった。最近は拍手で迎えられるようになったが、それぞれのクラブのサポーターにも流儀はある。

 今回の名古屋戦では、万雷の拍手で迎えられた。

「温かい拍手というのも悪くないですね。しかも、(京都戦では)豊田スタジアムで2番目の観衆も来てくれた。嬉しいですよ」

 “闘莉王ダービー”と呼ばれた名古屋戦は、3万6755人の観衆が集まった。これは2014年5月3日のセレッソ大阪戦の3万8966人に次ぐ、豊田スタジアムにおける名古屋のリーグ戦入場者数歴代2位という数字だった。

「昔のホームスタジアムに、アウェーチームとして行って試合をする。結構、嫌な感じよ。あまり好きじゃない。ロッカールームが違うだけで違和感がある」と、京都の一員としての初の凱旋試合を振り返った闘莉王だが、17日に本拠地・西京極スタジアムで水戸ホーリーホック戦を迎える。

14年ぶりのJ2で水戸との初対決へ

 闘莉王はプロ2年目の2002年に広島で出場機会を失い、翌年J2の水戸に移籍してプレーした。そこで42試合10ゴールをマークし、“超攻撃的DF”と呼ばれる自身のスタイルが確立された。水戸での1シーズンが日本への帰化と04年アテネ五輪代表への選出、そしてA代表入りというサクセスストーリーの足がかりとなった。

「水戸とは今度初めて対戦する。楽しみだね」

 14シーズンぶりにJ2の舞台で戦う闘莉王は、こう語った。水戸戦後にも闘将は、相手のゴール裏に足を運ぶつもりだ。今季FWとして、すでに7ゴールを記録している男に待ち受けているのは拍手か、それともブーイングか。感謝の心をいつまでも忘れない男は、結末はどうであれ、自らの流儀を曲げることはないだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images