写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AMDは5月16日(米国時間)、米カリフォルニア州SunnyvaleのAMD本社において投資家向け会議「2017 Financial Analyst Day」を開催し、同社の最新ロードマップや製品戦略を披露した。

同社を率いるリサ・スー社長兼CEOは、現在もっとも注力するデータセンター市場向けに開発中のCPUである"Naples”(ネープルス:開発コード名)を「EPYC」のブランド名で投入すると表明。大きな成功を収めたOpteronブランドとは別れを告げ、新たなブランド名でデータセンター市場へと切り込んでいく。

また、AMDは開発コードネーム"Raven Ridge"(レーベン・リッジ)で知られるノートPC向けの「RYZEN Mobile」を2017年後半に投入することを明らかにした。構成は最大4コア8スレッドで内蔵グラフィックスコアにVegaアーキテクチャベースのGPUを搭載するという。

○デスクトップにも16コア/32スレッドがくる

さらに、同社でCPUビジネスを統括するジム・アンダーソン氏(Senior Vice President and General Manager, Computing and Graphics)は、現行のRYZENデスクトップシリーズのさらに上位モデルに位置付けられる、16コア/32スレッドの「RYZEN Threadripper」(ライゼン・スレッドリッパー)を、まったく新しいプラットフォームとともに、デスクトップ市場に向けて2017年夏にも投入することを予告した。

一方、グラフィックスでは、2017年6月に市場投入が予告されている"Vega"の特定市場向け早期モデルとなる「Radeon Vega Frontier Edition」を、6月末よりデータ・サイエンティスト、イマーション・エンジニア、プロダクト・デザイナー向けに供給することを発表した。

ディープラーニングの性能指標をBaidu ResearchのDeepBenchにおいて、Tesla P100と比較し、約33%高速だとアピール。Radeon Fury Xとの比較も明らかにされた。これによれば、Radeon Vegaの32bit浮動小数点演算性能は最大13TFLOPS、16bit浮動小数点演算性能は最大25TFLOPS、そして、メモリサイズは16GBとなる。

○EPYCで2CPUサーバーをシングルCPUに置き換える

AMDでデータセンタービジネスやエンベデッドビジネスを統括するフォレスト・ノルド氏(Senior Vice President and General Manager, Enterprise, Embedded and Semi-custom)は、EPYCの詳細について説明。EPYCは8コアCPUダイを4つパッケージに搭載し、それぞれをInfinity Fabricで接続することで、スケーラブルなパフォーマンスアップを実現しているという。ヒートスプレッダを取り外したチップも披露した。

また、EPYCの仮想環境における性能比較デモを実施し、8つのVMを走らせるのに必要とする時間を比較し、Intelのフラグシッププラットフォームより優れた仮想環境プラットフォーム性能だとアピール。

さらに、現在のx86サーバー市場では、Intel Xeon E5-2650以下のCPUが50%以上を占めているとが、EPYCのシングルCPU構成は、Intel Xeon E5-2650 V4の2CPU構成よりも性能が優れていると自信をみせる。

フォレスト氏はEPYCの投入により、現在主流の2CPUサーバーをシングルCPUに置き換えることが可能となり、消費電力やシステム構築にかかる低減にも役立つとした。また、EPYCプラットフォームは、より多くのメモリやストレージをCPUに直結し、GPUともダイレクトに接続できることで、深層学習向けプラットフォームとして高いスループットを発揮できるいう。これにより、AMDが遅れをとっている深層学習分野においても、EPYC+RADEON INSTINCTの組み合わせにより、競争力を発揮できるとみている。

なお、AMDは2020年までのCPU、GPUロードマップを公開し、次世代CPUやGPUでは7nmプロセスを採用する計画なども明らかにした。

(本間文)