16日、中国のポータルサイト・今日頭条はバイクの駐輪状況を見れば日本の清潔さがよく分かるとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本のバイク。

写真拡大

2017年5月16日、中国のポータルサイト・今日頭条はバイクの駐輪状況を見れば日本の清潔さがよく分かるとする記事を掲載した。

記事は、中国は大小さまざまなバイクメーカーがあってバイク大国であるものの、バイク強国ではないと指摘。しかし、日本のバイクメーカーは自動車産業同様に発展していて、早くからバイク強国の仲間入りをしたと主張した。

その理由について記事は、日本のバイクメーカーは技術が先進的で、基礎工業と研究開発能力が高いことを指摘。世界のどこでも日本の4大バイクメーカーを目にすることができると論じた。

そして、日本ではさまざまなタイプのバイクが走っているが、スクーターが最も多く、駐輪場では非常にきれいに整列して止めてあると紹介。東京の人口密度は高いものの、路上でバイクがむやみに駐輪されることはなく、バイクに乗る人も交通ルールをよく守ると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「日本で生活できたらどんなに良いことか」「バイクのタイヤが俺の顔よりきれいなことに驚く」などのコメントが寄せられた。

また、「インドを見るとわが国がいかに素晴らしいかがよく分かり、日本を見るとわが国には不足がたくさんあることがよく分かる」「なぜ日本にはたくさんのバイクがあるのに空が青いのだろう?日本人はバイクの排気ガスで大気が汚染されることを恐れないのか?」との意見もあった。

ほかには「中国国内に日本のようなバイクがあったら、絶対に日本より清潔になるよ。一晩でみんな盗まれてすっからかんになるから」と、自虐的なコメントもあった。(翻訳・編集/山中)