セクシー女王の神対応!ファン30人の学費を援助するN・ミナージュ

写真拡大

 アメリカの人気ラッパー、ニッキー・ミナージュが、ファンの学費を負担するチャリティ団体を設立するという。

 つい先日、ツイッターのフォロワーの数人の学費を支援すると宣言していたニッキーは、その支払いを完了した今、より多くのファンを援助するために正式なチャリティ団体を設立する予定であると明かした。

 すでに支払いを済ませた一覧のスクリーンショットをインスタグラムに投稿したニッキーは「このことは私を幸せな気分にしてくれるわ。(この前の一例)また1、2か月後には即興の援助をするつもりだけど、私が学生ローン/授業料支払いのためのチャリティをもうすぐ正式に設立するってことも知っておいて! 正式に登録することが出来るようになるわ! また最新情報は伝えるわね!」とキャプションを付けた。

 今回のニッキーの学費援助の取り組みは、ニューシングル『リグレット・ユア・ティアーズ』についてツイッターでファンと会話している際に、フォロワーの1人が自身の学費を払って欲しいと頼んだことをきっかけに始まった。

 すると、次々に学費の援助を希望する投稿が寄せられ、ニッキーは「学費の一部が足りないの? それとも奨学金?」「必要なのはそれだけ? 明日送るわ。銀行口座の詳細をダイレクトメールして」「大学に行きたいけど行けないの? 学費はいくら必要なの? 進学できない理由はそれだけが理由なの?」などとそれぞれ返答。計30人のフォロワーに対して資金援助を約束したほか、今後もまた同じことをするつもりだとした。

 日本でも、奨学金の返済により経済苦に陥る若者が多く社会問題化しているが、アメリカでも学生ローンが若者の負担になっているといわれている。

 過激な言動、セクシーすぎる服などでたびたび世間を騒がせてきたニッキーだが、こういった問題に援助の手を差し伸べるあたりはさすが大物! と感じさせる。ニッキーの他にも、ビヨンセやリアーナなどの大物アーティストが、奨学金制度を立ち上げて学生支援を表明しているという。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>