画像

写真拡大

 フロムスクラッチは総額約32億円の資金調達を行った。今後調達した資金をもとに、機械学習をはじめとした人工知能技術、データ統合基盤、そしてデータ高速処理技術の開発強化を行い、「b→dash」機能拡充を進める。

 マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を行うフロムスクラッチは、産業革新機構、Rakuten Ventures Japan fund、既存株主などを割当先とする第三者割当増資などにより、総額約32億円の資金調達を完了したと発表した。

 同社はこれまでに、北米を主な活動拠点とするDraper Nexus Venture Partnersをはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズや電通デジタル・ホールディングス、グローバルブレイン、日本ベンチャーキャピタルらから約13億円の資金調達を実施しており、「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は約45億円になった。

 今回調達した資金に関しては、「データ統合基盤の開発強化」と「データの高速処理エンジンの開発強化」に充て、企業が直面するデータ課題の解決に注力していく。さらに、「b→dash」が統合・管理するビッグデータに、人工知能技術をはじめとする最先端技術を組み合わせたソリューションの開発を、技術提携機関である研究所やパートナー企業と共同して進めていく。

MarkeZine編集部[著]