かねてより噂の、背景色が黒になったダークモードが搭載されたiOS11のコンセプトイメージが公開されました。

iOS10で噂のあったダークモード

画面の背景が黒になるダークモードは、iOS10で搭載されると噂されていましたが実現しませんでした。iOS10.3のソースコードの中に隠れていることまでは判明しているものの、Appleからは発表されていません。
 
iOS11は現地時間6月5日から開催されるWWDC 2017での発表が確実視されていますが、デザイナーのフィリップ・エスポジート氏は、iOS11でダークモードが実現した場合のコンセプトイメージを公開しました。
 

 
エスポジート氏は、背景色が白でも黒でも見やすいよう、表示される要素を見直し、フォントを微調整した、と述べています。

アートワークが際立つ「ミュージック」

Apple役員がiOS11でのリニューアルを予告した、ミュージックアプリのデザインイメージはこちらです。背景が黒になったことで、アルバムのアートワークが際立っています。
 

 
ライブラリや再生中の画面も、引き締まったデザインになっています。
 

 
なお、ミュージックアプリからアクセスするApple Musicについては、先日、より使いやすく統一感のあるデザインをアメリカの大学生が提案しています。

現在黒背景の「ベッドタイム」は白背景も選択可能に

また、現在は背景色が黒になっているベッドタイムの背景色を白に切り替えて対比したバージョンも公開されています。
 

 
メールの入力画面のデザインがこちらです。
 

 
メッセージの受信一覧はこんな感じです。
 

 
黒い背景のヘルスケアアプリも新鮮な印象です。
 

さまざまな新機能が噂されるiOS11

なお、iOS11では、Siriが賢く進化し、ユーザー間でApple Payによる支払いが可能になるほか、iPhoneどうしならキャリアに関係なく通話料無料で高音質通話が使えるFaceTimeオーディオが通話のデフォルトアプリになる、などの新機能が予測されています。
 
 
Source:iHelp BR via iClarified
(hato)