今回は会社やサークルの飲み会で、気になる男子とLINEを交換する方法をご紹介します。普段なら聞き出しづらい連絡先も、飲み会の場でならチャンスがあるかも……♡ 



会話の流れで聞き出そう♡


いくら連絡先を交換したくても、いきなり「LINE教えて!」とは言いづらいし、聞かれた方も「なんで?」となってしまいます。まずは焦らずにキッカケを作って、会話ができるくらいの距離感になることを第一目標にしてみましょう。その日に連絡先を交換できなかったとしても、顔見知りになっておくことで、後日チャンスが訪れるかもしれません!

困ったら、お酒の話題がおすすめ
とはいえ、初対面だったりすると会話の糸口を見つけるのが難しいもの。そんな時は、「よくこの辺で飲んだりしますか?」「お酒飲むの好きですか?」など、お酒の話題から会話を広げてみましょう。

「この辺でよく飲んでるよ!」など、彼の行動パターンを聞き出せたらチャンス! 「今度、いいお店紹介してください」「私もその時呼んでください」と、さりげなく“あなたに興味を持ってます”アピールで彼の反応をうかがってみて! 
彼が前向きな反応をしてくれれば、この流れで自然に連絡先を聞き出せるはずです。さらに、スマホを彼の目の届く範囲に置いておくと、彼も「あ、じゃあLINE交換する?」という流れになりやすいですよ!

二人で話せる雰囲気じゃないなら、とりあえず一方的に連絡先を聞こう



みんながワイワイ盛り上がっている飲み会では、特定の人とじっくり話せないこともありますよね。それに、アプローチに必死すぎて周りの空気を読めない、気遣いができない女だと思われてしまう可能性も……。

そんな時は、とりあえず彼のLINEのIDや連絡先を聞いて「後で私の連絡先を送りますね」とだけ伝え、飲み会が終わった後で連絡しましょう。その方が「さっきはゆっくり話せなかったけど……」と、自分のことをしっかり自己紹介できたり、その後のLINEでの会話も続けやすいですよ!

いきなり聞きづらい場合は、とりあえずSNSでつながってみるのもあり!


いきなり連絡先を交換するのがどうしても難しいなら、SNSでつながるのも1つの手。SNSって、ちょっとした顔見知り程度の人でもつながっている場合が多いので、「連絡先をいきなり交換するのは抵抗があるけど、SNSだったらいいよ」という男子も結構います。「Instagramやっていますか?」「Facebookで探してもいいですか?」と聞いてみると、イヤとは言わないはずです。
SNSなら、タイムラインでお互いの普段の生活や人となりを知ることができるので、そこから共通の話題も見つかるかもしれません。どうしても直接連絡先を交換する勇気がない場合は、SNSきっかけで仲良くなってみることをおすすめします。

帰宅後は、お礼と称して必ず連絡すべし!



せっかく気になる男子とつながる術が見つかったのに、連絡のタイミングを逃してしまってはもったいない! 連絡先を交換したら、まずはその日のうちに「今日はありがとうございました!」と、お礼という建前で連絡してみましょう。会話した内容を織り交ぜた文面だと、「自分に興味を持ってもらってるのかな」という印象をつけられます。“鉄は熱いうちに打て”ということわざ通り、早くに連絡しておくと、好意をもっていることが伝わりやすいですよ♡

気になる彼には、頑張って自分から声を掛けてみてくださいね♡
(キノシタマユコ/studio woofoo)