3社目の経営に挑む玉塚元一氏

写真拡大

〈ぜひ見ててくださいよ。この会社のこれからの成長はローソンの比じゃないですよ〉

 コンビニエンスストア大手、ローソンの会長職を退任する意向を示していた玉塚元一氏(54)が、ソフトウエア不具合検査企業のハーツユナイテッドグループ社長に就任(6月末の株主総会後)することを発表。5月15日に開いた会見でこう強い自信をのぞかせたという。

 玉塚氏といえば、旭硝子や日本IBMを経た後、1998年にカジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングのカリスマ創業者、柳井正氏(現会長兼社長)に見込まれて転職。わずか4年後の2002年に40歳という若さで社長に就任したことで、一躍スター経営者に。

 2010年には当時ローソン社長だった新浪剛史氏(現サントリーホールディングス社長)に再三請われ、鳴り物入りでローソンへ。2014年より社長を務めたことで、企業を渡り歩き経営を請け負う「プロ経営者」の呼び名も加わった。

 そして今度は自分よりも10歳若いハーツ社の創業者、宮沢栄一氏(44)の要請に応じることになった玉塚氏。一体なぜ、ここまでモテるのか。「一言でいえば“いい人”なんです」と話すのは、経済ジャーナリストの松崎隆司氏だ。

「証券業界の財閥、玉塚証券の御曹司である元一氏は、根っからのお坊ちゃん育ちで人あたりがいい。また、幼稚舎から大学まで慶応に通い、大学時代はラグビーに打ち込みながら仲間をまとめるチームワークを学んだといいます。

 そうした人柄は経営者になっても変わることなく、細かい業務執行よりもむしろ従業員のモチベーションを高める体育会系のノリそのまま。マネジメント能力に長けた経営者といえます」(松崎氏)

 体育会系と聞くと、強力なトップダウン、時にはリストラの一環で無情な“制裁”も辞さないイメージがあるが、どうやら玉塚氏は違うようだ。コンビニ業界の専門紙『コンビニエンスストア速報』編集長の清水俊照氏がいう。

「ローソンでいえば、むしろドライなリストラができたのは新浪さんのほうで、玉塚さんは何とか人や事業を切らずに済む方策を考えるタイプでした。自ら現場に出向き、加盟店オーナーの悩みや不満なども親身に聞いていたようですしね」

 社員一丸となった「チーム玉塚」のマネジメント術は、彼を迎え入れたオーナー経営者たちにとっても好都合だったようだ。

「ユニクロの柳井さん、ローソンでは新浪さんの目の届かないような現場に行き、業務執行とは別の部分で経営をフォローしてくれる。玉塚さんが大物経営者に好かれるのは、社長というよりもむしろ“ナンバー2”としての適性があるからかもしれません」(前出・松崎氏)

 だが、いざ社長に後継指名されれば、企業が長期にわたって発展し続けられる大きな経営戦略を立てる必要がある。玉塚氏はそれをローソン転身前に現ファミリーマート社長の澤田貴司氏と立ち上げた企業の再生支援会社「リヴァンプ」で培った。

「経営はキレイごとばかりではどうにもならない事が多い。数字だけを見て外部からコンサル的に口を出すよりも、現場にどっぷり入り込み、十分に活かしきれていない事業や経営資源を洗い出してうまく活用させる。この基本はどんな畑違いの会社に移っても同じだといっています」(前出・清水氏)

 経営方針を的確に内外に知らしめるアピール力の高さも、玉塚氏の真骨頂だ。

「男前のルックス、大柄の体格だけでも存在感はありますが、それ以上にプレゼン能力に優れています。記者会見や決算発表ではいつも自分の言葉で伝え、記者の無茶な質問も喋りのうまさで見事にかわす。時には打ち上げるアドバルーンが大き過ぎることもありましたが、玉塚氏の巧みな話術と成長著しいコンビニ事業ゆえに現実味もありました」(清水氏)

 そして、何よりも玉塚氏の最大の武器は、抜群の知名度と豊富な社歴で培った人脈だろう。経済誌『月刊BOSS』の河野圭祐氏は、こんな見方をする。

「玉塚氏が新しく社長になるハーツ社は、東証1部上場企業ですが一般的に広く知られている会社とはいえません。しかし、これからは玉塚氏が表に出てくるだけで社名が報じられることになるでしょうし、その宣伝効果は金額換算にしたら計り知れないほど大きいと思います。

 また、いざとなったら玉塚氏には慶応出身の華々しいOB人脈をはじめ、豊富な社歴で繋がった経営者や取引先などとのネットワークを活かして社業に結び付けることもできる。ハーツ社はこうした玉塚氏の“顔”に期待している面はあると思います」

 だが、今後は顔だけでなく目に見える結果も残さなければならない。河野氏が続ける。

「ユニクロでは柳井氏との経営方針の齟齬から追われるように辞め、ローソンでも支配力を強めた親会社の三菱商事に見切りをつけられた形で退任することになり、結局、どちらも大きな功績を残したとはいえません。ハーツ社ではいかに業容・業績拡大に貢献できるか注目です」

〈ローソンの次は会社のサイズではなく、その企業が活性化して成長していくような機会に出会えたらいい。“一人リヴァンプ”のような場を見つけたい〉

 4月に行われたローソンでの退任会見で、今後の去就を問われこう答えていた玉塚氏。果たして名実ともにプロ経営者の称号を確固たるものにできるか。

撮影■横溝敦