まとう、結ぶ、ストレスフリー、yatraのアンダーウェア

写真拡大 (全8枚)

ヨーロッパのようなアジアのような......そんな、どこでもない自由なデザインと風合いが魅力の「yatra(ヤトラ)」の服。「yatra」とは、ヒンディー語で"旅"という意味なのだとか。

「a」の上に付いている星のマークは、旅人に方角を教えるように「目的地に一緒に歩んで行ける相棒のような服になれたら」という想いが込められているそう。すべてのアイテムは、ゆったりと布をまとうような感覚。国内外を問わず、いろんな土地の伝統的なプリント技法、手刺繍、手織りなどの技術を用いながら、なるべく天然素材の生地を使って服やアンダーウェアが作られています。
ストレスフリーな着心地と独特のデザイン
中でもアンダーウェアはまったくストレスがなく、身体も心も開放してくれるような心地よさ。インド北西の美しい街、Jaipur(ジャイプール)の職人さんに直接オーダーされているブロックプリントは、昔ながらの手仕事。

yatraのオリジナルプリントの数々が、アンダーウェアにも活かされています。シルクの「navy star」は、夜空の星座がモチーフ。「りゅう座」や「おおかみ座」といった、あまりスポットが当たらないような聴き慣れない星座の図形が、控えめに光るゴールドで表現されています。
navy star シルクブラ / 7,500円(税別) シルクショーツ / 4,000円(税別)
ナチュラルカラーのリネンの「silver tree」は、木のプリントにシルバーの枝が表現され、シックな中に高級感もあります。
silver tree リネンブラ / 7,500円(税別) リネンショーツ / 4,000円(税別)
同じ木のモチーフのコットンの「blue tree」は、シンプルで優しい風合い。
blue tree コットンブラ / 5,500円(税別) コットンショーツ / 3,000円(税別)
すべてのアンダーウェアの肌に直接触れる内側の部分には、ノイシルクという吸湿性、放湿性のある落ち綿のシルクが使われ、ムレないよう配慮されています。

ブラは前でストリングを結ぶデザイン。上下のヒモをそれぞれ少しずつ絞ってサイズ調節を。また、後ろがクロスしているので、肩が落ちにくく、締め付け感がないもの。S、Mのサイズ展開ですが、立体的に自分のサイズに合わせることができます。ストリングも同じ素材なのでキャミソール感覚でブラウスや薄手のニットとコーデできそう。

ショーツは着脱がラクなように、左右のストリングの一部はゴムになっています。リネンでもふんわり柔らかくて優しく、気になるショーツにありがちな足の付け根のリンパの滞りもなく、まるで身に付けているのを忘れてしまいそう。
作る人も着る人も笑顔になれることを目指している、一日中気持ちよく過ごすことができそうなアンダーウェア。身体になじみ、自分の一部のように自然に感じられるので、自分にも人にも穏やかに、優しくなれそうです。
[yatra]