“セクシークイーン”アン・シネの気になる「これから」と彼女に待ち受けるもの

写真拡大

日本の女子プロゴルフ界にセンセーションを巻き起こした“アン・シネ旋風”。韓国女子ブロゴルフ界の“超絶セクシークイーン”と呼ばれる彼女の一挙一動には大きな関心が集まった。

アン・シネ本人は「生涯で幸せな2週間のひとつ」と語っていた。まさに日本中が彼女で沸いた2週間だったわけだが、気になるのはそんなアン・シネの今後ではないだろうか。

次戦は6月下旬の「アース・モンダミンカップ」に出場予定だという。ただ、韓国メディアによると、7月にも数試合の出場を予定しており、その後も何度か日本ツアーに出場するらしい。

日本は30%? 70%の韓国でのアン・シネの調子は

これが事実なら、これからも日本各地で“アン・シネ旋風”が巻き起こりそうである。

何しろ日本初デビューとなった「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」に続き、先週末に行われた「ほけんの窓口レディース」でも大フィーバー。福岡でも彼女が行くところに長蛇の列ができたと聞く。

そこにはギャラリーはもちろん、メディア関係者たちも列をなしたらしい。

韓国でも多くのメディアが彼女の一挙一動を撮影し、それがニュースグラビアになったりもするが、日本でも同じ現象が起きているのだから、その熱狂ぶりには本人もびっくりしたことだろう。

その一方で、多くのゴルフファンたちが「やはり今季は限られた試合にしか出場しないのか」とちょっぴり残念がっているではないだろうか。

ただ、それも仕方ない。

アン・シネは昨年のファイナルQTで45位だっただけに、日本ツアーにフル参戦はできない。それでも当初は20試合前後とされていたが、アン・シネ本人が韓国メディアに「今季は韓国70%、日本30%」と出場比率を意味深に語っていたのだ。

だからこそ気になるのは「韓国70%」の部分でもある。

というのも、今季のアン・シネは韓国でもなかなか調子が上がらない。

「ロッテ・レンタカーオープン」では52位、「三千里トゥギャザー・オープン」では予選落ち、「ネクセン・セイントナインマスターズ」では53位、「KG・イーデイリ―レディースオープン」でも予選落ちしている。

現在の賞金ランキングは101位に甘んじているのだ。

新たな“次世代セクシークイーン”が頭角する韓国女子ゴルフ

人気の面でもウカウカしてられない状況にある。韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)では毎年、美と実力を兼ね備えた約10人の選手に“KLPGA広報モデル”という肩書を授けるが、アン・シネは今年の“KLPGA広報モデル”には選ばれなかった。

もちろん、今季はアン・シネだけではなく、KLPGA広報モデルの皆勤賞だったユン・チェヨンら“韓国美女ゴルファー神セブン”たちがほとんど選ばれず、韓国女子プロゴルフ界で「美と実力の世代交代」が起きている部分もあるが、それを差し引いても韓国女子プロゴルフ界の新陳代謝のスピードは早い。

例えばアン・シネが独走しつつあった“ビジュアル系”、もしくは“セクシー系”というジャンルでも、新たな選手が頭角を現しているのだ。

その名はユ・ヒョンジュ。1994年2月生まれの彼女は身長172センチのモデル並みのルックスに加え、ボディラインを強調するファッションで人気急上昇中。

早くも“アン・シネに次ぐ次世代セクシークイーン”と言われており、元祖アン・シネに負けじとSNSなども活発に活用しており、そのフォロワーが急激に伸びている。
(参考記事:韓国ゴルフ界を騒がせている若きセクシー美女、ユ・ヒョンジュのSNSがスゴい!!

「鬼の居ぬ間に…」ではないが、アン・シネが日本で大きな関心とスポットライトを浴びている間に、韓国では次々と新しい“アイコン”が誕生しているわけだ。

そんな韓国でアン・シネは自身の存在感をどう示していくのだろうか。日本で旋風を起こして韓国に凱旋するアン・シネの“これから”にも注目していきたい。

(文=慎 武宏)