昭島市にある拝島の渡し(昭和11年)。より


経営力がまぶしい日本の市町村50選(46)

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

修了後を見据えたプログラム

 東京都昭島市は、面積が17.3km2、人口11万2850人(2017年4月現在)のベッドタウンである。

 軍関連施設や昭島飛行場の街であり、また戦争中にほとんど空襲を受けなかったのが幸いして、今では日本の航空史を探訪することができる。テクノロジー研究と先端技術関連の集積の歴史を持つ街でもある。

 そんな昭島市では、平成14(2002)年9月に公民館主催事業として学習課程2年の昭島市民大学を創設した。

 「自発的な学習を通しての自己実現の機会提供」「自治能力や連帯意識の形成」「市民大学や各種講座の企画・運営への参画」「学習成果の地域社会への活用」を目的とし、現在、昭島市民大学は第8期目に入っている。

 受講対象は、40歳以上の昭島市内在住在勤者で 2年間にわたって受講できる者で、先着50人となっている。受講料は1年次、2年次ともに2000円(全回分)である。

 1年次は、幅広い教養や知識の習得、2年次は、財政・福祉・歴史・環境などのカテゴリから3グループに分かれ、チューター(個別指導教官)の指導のもとにゼミナール方式によるアクティブラーニングで実践的な学習を積む。

 特に2年次は各自がテーマを決め、約1年かけてリポートにまとめる。ちなみに私も財政コースのチューターとして創設当初からお手伝いさせてもらっている。

 もともとは平成8(1996)年に公民館運営審議会から公民館長に対して、市民の生活課題や地域的、現代的課題をテーマに「地域を学ぶ講座〜キャンパス昭島・未来21〜」が提言され、環境や福祉などに絞り5〜6回の講座が開催されたのが市民大学の発端である。

 その後、地方分権の時代において国と都道府県・市町村の関係が対等・平等になる中で、市民としての意識を高め自治能力を養うことが重要な課題となり、市民大学の創設に至った。

 全国にも市民大学や生涯学習の場は多々あるが、以下の様々な活動や成果が包括されている点で昭島市民大学の活動は秀でていると思われる。

●講師による講義を受けるだけの受動的なスタイルではなく、受講生の自主性を重視した、アクティブラーニングのスタイルである。

●受講生が作成した各リポートは、図書館に置かれたり、テーマに応じて市役所の財政担当や福祉担当、環境担当などの手にも渡り、市民のオピニオンリーダーの声を拾う結果にもなっている。

 特に第3期の財政コースのメンバーは、修了後に有志で「あきしま財政研究会」を発足し、140頁にわたる財政白書を作成し600部も販売した。

●過去の修了生グループによる公開講座やフォーラムなどに積極的に関わったり、過去の活動記録からの学びを得るなど、受講生同士の縦のつながりも生まれている。

●修了後のフォローアップが充実している。

(1)公民館主催事業の企画・運営への機会提供
(2)自主グループを結成し公民館自主企画事業への参加等による継続学習の機会提供
(3)昭島市民大学フォーラム(市民大学修了コースの連合組織)に加入し、講演会や各種学習活動などの機会提供

●修了後に積極的に地域行政へ関わり始める。

(1)長期総合計画策定委員になるなど、公募制の行政活動に関わる修了生を輩出
(2)公民館活動が活発になる(例:文化の日や勤労感謝の日などの祝日には、公民館が市民による発表会で埋まる)
(3)その他市民活動への参加率が向上

 ただ単に市民の余暇の充実を図るだけでなく、シチズンシップを醸成し、積極的に地域行政に関与してもらうことをねらったプログラムであることが注目に値する。

幅広い学習と深掘り研究の両利きカリキュラム

 プログラムは、1年次、2年次ともに年20回〜23回ほど設けられ、土曜日の10:00〜12:00に実施されている。講師は、東京学芸大学や首都大学東京、法政大学、明星大学などの教授をはじめ、NPO団体などのメンバーなど多岐にわたる。

 例えば、1年次のカリキュラムでは以下のようなテーマが扱われている。

 ・生涯学習時代の市民の学習
 ・健康教育
 ・社会経済システムの持続可能性
 ・教育と子供たちの未来
 ・つくって食べて交流
 ・科学技術「新エネルギーと原子力発電」
 ・環境保護「生物多様性と地球環境」
 ・地方自治のしくみ、地方財政
 ・アロマでリラックス
 ・コミュニケーションは人間洞察
 ・地域を探る
 ・環境とボランティア
 ・災害と地域福祉
 ・老後と社会福祉

 1年次の教養課程を経て、2年次のゼミナール形式の専門コースに分かれ各自が主体的に特定テーマを深掘りすることになる。

 例えば第7期の財政コースでは、各自が、介護保険や普通建設事業費、自治基本条例、水道事業、教育費、ごみ問題など様々なテーマで学習を深め、提言をまとめる受講生もいた。

 また福祉コースでは、昭島市の福祉施設と費用、こどもの貧困、居場所づくり(サロン)、ピンピンコロリの健康学、サービス付き高齢者向け住宅、在宅ケアなどが扱われた。

 第6期の環境コースでは、PM2.5やクリーンな発電方式、緑化計画、公園の在り方、保存樹林、水質資源、環境意識、廃棄物減量化、都市農業など多岐にわたっている。

 まさにフィールドワークで足を運んだり、文献調査したりしながら学習を深め、メンバーが集まる各クラスでは、各自が自身の研究状況を発表することで知識をシェアしたり、他メンバーからのフィードバックから新たな気づきを得るピアラーニングが十分に機能している。

 いくつか、受講感想を紹介する。

<財政コース>

・市民大学の第一の成果は市政に興味をもち知ることで自分の気持ちが豊かになり気軽に地元に馴染めそうになったことです。

・市民大学卒業後も市民の1人として「昭島市の○○事業計画」や「昭島市の決算報告書」などに注視し、「生涯スポーツ」や「生涯学習」などで地域住民との交流を通じて「地域づくりに貢献」していきたいと考えております。

・初めは「財政」という名前だけで気後れしておりました。ところが「財政」はとても身近な問題が数多くあることを知り、子供に関連した「教育費」や「扶助費」などについて学ぶことができました。

 (中略)3つの研究テーマに分かれグループで学ぶことで、自分が調べた事項以外も知ることができ、(中略)何よりも皆様が熱心に研究され学ばれる姿は、とても大きな刺激を受け、これからの私自身の「生き方」そのものも学ぶことができました。

<福祉コース>

・「サロン活動」の存在を知りました。昔の「隣・近所つき合い」だと思いました。(中略)昭島市の「サロン」の立ち上げに、熱心に活動されていた方は「市民大学」の先輩です。社会福祉協議会を動かし、正式に活動団体として認知されるまでには、いろいろご苦労があったと推察されます。

 (中略)私はこれから先の人生を「サロン」を中心に活動していきたいと思います。私は今や、毎日出掛ける所があり、カレンダーは常に予定で埋まり忙しくしています。毎日外へ出かけられる元気を維持し、健康のうちに「ピンピンコロリ」で逝きたいと願っています。「市民大学」は私の今後を決定づける出会いと機会をつくってくれました。

・「在宅ケア」というテーマでまとめていきました。これからの人生をどのように生きていくか、子供たちや周りの人にあまり迷惑をかけたくないので、限られた資金で生き生きと暮らしていくためには、どうするのがいいのかといろいろ調べたり本を読んだりして考え、まとめていきました。

 こんなにいろいろ勉強したのはほんとうに久しぶりで、充実した2年間でした。

・何について深く勉強したいかと考えた時に、(中略)大々的に報道されている「子供の貧困」のことでした。

 生活保護もあるのにと思いました。本を読んだり、インターネットでいろいろ調べてみると、子供の置かれた状況の大変さが分かってきました。これからの子供たちが健やかで、希望の持てる昭島にしていかないと、と考え何か自分にできることがないか勉強を始めました。

<歴史コース>

・当初は、歴史を学んで、将来の街づくりに生かす提案ができればなどと、大それた目標を持っていましたが。しかし、実際の学習の記録は、単なるまとめに終わってしまったようです。

 (中略)自分としては、講師のお話を聞いたり、関係資料を読む中で、今自分が住んでいる地域は戦後このような状況だったとか、近くの小さな小川にかかっている小さな橋にもこのようないわれがあるといったような、ごく身近な場所の小さな歴史を発見することができ、大変有意義な時間を過ごしたと思っています。

・学習テーマは、歴史資料が比較的少ない中世に焦点を当てることにしました。(中略)インターネットを使い、市民図書館で図書を借り、交通機関と分刻みのスケジュールを決め、何とか展示物や史料に対面でき至福な時間を得ることができました。

 年齢とともに体を動かすことが億劫になり、記憶力も不安な状態で、「昭島市民大学」に臨みましたが、生涯学習の「入口」として、自分なりの目標はなんとか達成できたように思います。

・郷土資料室で縄文時代の人々の暮らしの中の縄文土器を見つけ、自分が模擬作成した縄文土器と重ねてみて、当時の人々の味わい深い表現に感心しました。

 日本以外の近隣の国からは、このような土器は出土していないとの記録を読んで、日本人の豊かな感性、創造性の素晴らしさに感銘しました。

旧住民と新住民の接合点

 戦前は軍関係施設や昭和飛行場など立川市の推移地帯の伝統を引き継ぎ、横田基地の公害に悩まされ、下請けの零細工場が建ち、貧困や非行少年の多い地域という印象であった。

 その後、過去を知らない新住民が、つつじが丘団地や市民会館、新設の小学校などをワンセットに住み始めるのを機会に、比較的低廉な穴場の住宅地域となり、町工場跡地がマンション群に変わっていった。

 教育・文化施設を通して旧住民と新住民の交流が始まったと言える。その量的拡大が質的発展として「昭島学」の始まりを作ったのが昭島市民大学とも言える。

 市民大学が市民の意識を喚起し、参加型の地域行政に変わりつつある昭島市の今後にも注目していきたい。

【昭島市の財政事情(2014年度)】――――――――――――――――――――――

昭島市は、財政の強さを示す財政力指数※1が0.96と、全国の類似団体の平均0.74を大きく上回り財政力が勝っているが、経常収支比率※2が92.3%と類似団体平均の90.8%を上回り相対的に硬直化している。

これは扶助費の負担が1つの要因と思われる。一般的に、扶助費の膨張は、生活保護費や児童手当、障害者自立支援給付費の増加に起因することが多いが、昭島市の場合は、児童福祉費が扶助費の半分を占めているところが特徴的である。

<人口1人当たりの性質別歳出額(単位:円)>

○扶助費 121,733(昭島市) ⇔ 86,049(類似団体)

 ベッドタウンとして現在でも人口が微増傾向にあり、かつ生産年齢人口の年齢別では35〜49歳が最も多いため、子育て世代への支援に費用がかかっていることが分かる。

市民大学ではシニア層がアクティブに学習・活動できる環境を整え、次世代への投資も施すバランス感覚は優れているのではなかろうか。

※1 財政力指数= 基準財政収入額 ÷ 基準財政需要額(3ヶ年の平均値)
基準財政収入額…自治体の標準的な収入である地方税収入の75% などを対象とする。
基準財政需要額…人口や面積などにより決められる標準的な行政を行うのに必要と想定される額。
※2 経常収支比率…財政構造の弾力性を判断する指標で毎年度経常的な収入に対し、人件費や扶助費(生活保護費など)、公債費(借金返済費など)のように、経常的に支出しなければならない経費が占める割合
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【参照、出典】

・第7期(平成26・27年度)昭島市民大学記録(感想文)集
・昭島市民大学開設要綱

筆者:大和田 一紘